中でももっとも

24 の用例 (0.00 秒)
  • 中でももっとも有名なのが、tRNAの二次構造および三次構造である。
  • 中でももっとも激しい衝撃を受けたのが、国王の愛妾のポーラだった。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 中でももっとも多く行なわれているのは、サイコロの裏の面を使ってもよいというルールである。
  • 中でももっとも惨めだと思ったのは、必要以上に無情になろうとしている無影自身かもしれなかった。 井上祐美子『五王戦国志1 乱火篇』より引用
  • あの男がしかるべき理由もなくそんなことをすれば、残りの兵士たちの大部分、それも、中でももっとも優秀な男たちを失ってしまうだろうがな。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔下〕』より引用
  • 中でももっとも強い感情は、まったくいわれのない罪悪感だった。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • 私が勤めていたのは、堅いと言われる金融系の会社で、中でももっとも言動に厳しい人事部に所属していた。 岸本葉子『30前後、やや美人』より引用
  • 中でももっとも素早すばやかったのは、転がっていく泥のかたまりでした。 ジョーンズ『ハウルの動く城02 アブダラと空飛ぶ絨毯』より引用
  • 臣の任免と法の整備が中でももっとも重大な課題だった。 小野不由美『十二国記 04 風の海 迷宮の岸(下)』より引用
  • 中でももっともエネルギーの高い、最外殻に存在する電子の一群を価電子と言い、他の原子と結合を形成するときの主役となる。
  • 中でももっとも悲惨な運命を担ったのがオイディプスである。
  • 中でももっとも老舗とされているのが博多区にある明治15年創業の「かろのうろん」である。
  • 中でももっともよく似ているのはアオクサカメムシで、大きさ、形などよく似ており、色彩変異までもが似ている。
  • 左馬介の追及が、中でももっとも急だった。 杉本苑子『続々今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • 中でももっとも彼をおどろかしたのは、彼と他のすべての囚人たちの間にある、踏みこえることのできない恐ろしい深淵だった。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『罪と罰』より引用
  • 中でももっとも私が感銘を受けたのは、昭和二十四年一月号の『心』に発表になった「米内光政」であった。 阿川弘之『私記キスカ撤退』より引用
  • 中でももっとも大声で吠えたのがガレンスだ。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 中でももっとも大切な大檀那だいだんなは、世に野宮ののみやの左府と呼ばれている左大臣藤原公継きんつぐの屋敷である。 杉本苑子『今昔物語ふぁんたじあ』より引用
  • 中でももっとも盛んなのはバニラの栽培で、サンバヴァはマダガスカルでももっとも質のよいバニラ生産地帯として名高い。
  • いまは一団の者どもは館を出たときの酒気もさめはて、前の元気はどこへやら、大かたの者は前進をためらったが、中でももっとも気性の荒くれた者三人、いやもっとも泥酔した者というべきか、意を決して窪地へ馬を乗り入れた。 ドイル/延原謙訳『バスカヴィル家の犬』より引用
  • 次へ »