中でも

全て 副詞
5,864 の用例 (0.02 秒)
  • 昔から月の光に物思う歌は多いが、これは中でも思いの深い一首だろう。 大岡信『名句歌ごよみ〔秋〕』より引用
  • 中でもベルファストは彼らからいちばん目をつけられている場所なのだ。 ニコル『C・W・ニコルの旅行記』より引用
  • 中でも浅草は江戸で最も人が集中するところで人・物・金が集まってきた。
  • 中でも、その日、目ざましい働きをしたのは孫策軍のうちの黄蓋こうがいだった。 吉川英治『三国志』より引用
  • 中でも恐ろしい悪魔がずっと前からあなたの心に巣喰っていたのです。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 中でも印象的なのはひとみ、切れ上がった瞳は気の強さと知性を感じさせる。 沖田雅『先輩とぼく 00』より引用
  • 刑事はみんな犬みたいに鼻がきくけど、中でも特別に鋭いやつがおる。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • よくよく、中でも喉を鳴らしていた一人の男がやった芸にちがいない。 吉川英治『美しい日本の歴史』より引用
  • こんなことを言って笑いながら、中でも好さそうなのをって夫に渡した。 島崎藤村『家』より引用
  • 中でも幼少期の虐待が大きく作用するのではないかと言われています。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 01 鬼隠し編Tips&お疲れ様会』より引用
  • 中でもだれの曲か、聞くたびに胸をしめつけられるようになる曲があった。 マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』より引用
  • 中でも新田氏の流れをむ読者からの手紙や電話は相当な数に達した。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • 中でも特に目立っているのが、中央に立っている背の高い少女だった。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • 中でも七つがま五段の滝の見事さには、三人とも話す言葉を忘れていた。 泡坂妻夫『斜光』より引用
  • 中でも強烈な記憶は、母親の晴代が庭で洗濯物を干していた時のことだ。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • 中でも父を感激させたのは、ある日送られて来た二箱のピースである。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • さまざまな理由が挙げられているが、中でも言葉の壁が大きかったと。
  • 中でも同年6月放送の番組では浮世絵のモデルで極限の演技を展開した。
  • 中でも第五銀河分離帝国は比較的新参の国家だとデータにありました。 谷川流『涼宮ハルヒ特別編 「ハルヒ劇場 act2」』より引用
  • 中でも面白いのはこの地方の背中当で土地では「ばんどり」と呼びます。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 次へ »