並んで歩く

197 の用例 (0.00 秒)
  • ならんで歩いてみると、世古口せこぐち君はいつもよりさらにが高く感じられた。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第05巻』より引用
  • 車についた男の一人もやはり追い抜かれて、今や私と並んで歩いていた。 カミュ/窪田啓作『異邦人』より引用
  • 並んで歩いている山岡の顔を見たが、暗くて山岡の表情は見えなかった。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • 並んで歩く二人のドールは、見かけは二十代くらいの白人の男女である。 椹野道流『鬼籍通覧4 隻手の声』より引用
  • 従った方が良さそうな雰囲気ふんいきなので、真九郎は紫と並んで歩くことにする。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 玄関までの長い廊下を並んで歩いていて、島尾の肩がふうっと寄ってきた。 吉行淳之介『犬が育てた猫』より引用
  • 私の知り合いの男は気にもかけないふうに私と並んで歩いていった。 カフカ/中井正文訳『変身』より引用
  • 大勢で歩いているときでも、近づいてきて彼女と並んで歩くことが多かった。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • 火曜日の夜、塾が終わった後、いつものように二人は並んで歩いていた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 二人は並んで歩いていたから、彼女に彼の表情がそんなによく見えた筈はない。 福永武彦『海市』より引用
  • 肥ったせいか、並んで歩くと背丈まで幾らか昔より高いような気がした。 半村良『軍靴の響き』より引用
  • 男と女が並んで歩いていたからといって、恋愛関係とは限らない。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • 叔父は暫く沈黙のうちに彼と並んで歩いていたが、急に足を止めた。 豊島与志雄『恩人』より引用
  • すると香櫨園の駅から家まで三町の道は自然修一と並んで歩くやうになつた。 織田作之助『六白金星』より引用
  • 二人は、駐車場においてある車のところまで並んで歩いて行った。 西村京太郎『イレブン殺人事件』より引用
  • いまはそこに向かって、二人並んで歩いている最中さいちゅうというわけだ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第03巻』より引用
  • 並んで歩いていた真田がいきなりフラつき、握っていた銃が手から落ちた。 亜瑠『アブナイふたり』より引用
  • たとえば十年先も、自分と彼女は、こうして並んで歩いているのかもしれない。 片山憲太郎『紅 第03巻 ~醜悪祭~ (上)』より引用
  • 公園へ向かう定番のお散歩のコースを、白い息を吐きながら並んで歩く。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • 掛と魂次はそうして比較的ひっそりした屋敷街を並んで歩いていた。 町田康『パンク侍、斬られて候』より引用
  • 次へ »

並んで歩く の使われ方