並び

全て 動詞 名詞
7,921 の用例 (0.01 秒)
  • その意外性が受けたのか、この店には夕方四時ころから客が並び始める。 小池真理子『猫を抱いて長電話』より引用
  • そのメールは石和並びに指示を受けた各メンバーの携帯電話に残された。 米澤穂信『夏期限定トロピカルパフェ事件』より引用
  • その時お嬢さんはいつものようにみんなと同じ食卓に並びませんでした。 夏目漱石『こころ』より引用
  • どの壁にもテーブルがずらりと並び、中央に狭い通路がつくってあった。 ジョン・ヴァーリイ『ブルー・シャンペン』より引用
  • ハリーは黄土色の髪の少年の後ろに並び、ハリーの後にはロンが続いた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • その夏侯は景の家の地並びにいたが、田の境のことで代代仲が悪かった。 蒲 松齢『阿霞』より引用
  • 部屋の両側には背の高い窓が並び、そこからパッと光がさしこんでいる。 バローズ『火星シリーズ06 火星の交換頭脳』より引用
  • あいず ドを入れて一〇頭が横一列に並び、スタートの合図を待っている。 冴木忍『カイルロッドの苦難 3 愁いは花園の中に』より引用
  • 一人はビールを買いに、一人は夕食の配給口に並びに行ったのだろう。 川又千秋『狂走団』より引用
  • その床の右並びに黒い小さな机があつて五六冊の本が積んであつた。 田中貢太郎『蛾』より引用
  • ツインベッドが並び、その横に二つの椅子と、テーブルが置かれている。 西村京太郎『十津川警部「友への挽歌」』より引用
  • 吹き抜けの二階の回廊にも、同じように警備兵が並び、銃を構えていた。 葉山透『9S<ナインエス> 第01巻』より引用
  • これで、谷川と羽生が七勝二敗で並び挑戦者決定戦を行うことになった。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 砦の前には観光バスが二台ほど並び、観光客が門から出て来るところであった。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 最後の坂を上りきって、二人は正門の前に並び、改めて辺りを見回した。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 通路の反対側には窓が並び、明るいキャンパスを見下ろすことができた。 森博嗣『X 02 キラレ×キラレ』より引用
  • 部屋のすみにガラスケースがならび、その中に美術品の数々が並んでいた。 桜庭一樹『GOSICK 第3巻』より引用
  • 銚子ちようしも何本か並び、料理の皿はいずれも汚ならしく食べ散らしてあった。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • 公園を抜け、連れ込み宿の並びを抜けると、線路沿いに道は続いていた。 中上健次『十九歳のジェイコブ』より引用
  • 千鶴子もそのとき藤尾と並び男の客たちから少し離れた椅子にかけた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 次へ »