両固定

359 の用例 (0.01 秒)
  • 同様の理由により9000系4両固定編成も単独運用が制限されている。
  • 本グループも中間車化改造により4両固定編成が3編成誕生している。
  • また、2両固定編成は難波側から和歌山市側に組成されるようになった。
  • 本グループも後年中間車化改造により4両固定編成が8編成作られた。
  • 後に一部中間車化改造により4両固定編成が5編成誕生している。
  • 休日ダイヤでは6両固定編成と4両固定編成を各1編成ずつ使用していた。
  • なお、補助電源などの関係で営業運転では10両固定編成でしか使用できない。
  • なお、7両固定編成については前面の貫通幌が当初より省略されている。
  • 札幌運転所配置車は全て5両固定編成で使用され、4号車が指定席となっている。
  • このグループは京急で初めての6両固定編成である。
  • 当編成は8両固定編成で、在籍期間中は北総車では中間に乗務員室のある車両がなくなった。
  • なお、6両固定編成については先頭車・中間車問わず全車解体処分されている。
  • 車内の配色は4両固定編成が寒色系で6両固定編成が暖色系とされた。
  • 本形式としては初の6両固定編成で落成し、千葉線や千原線での運用も可能になった。
  • これが故障した時のことを考慮し、営業運転時に4両固定編成を単独で使用することが一部を除いて制限されていた。
  • なお、本グループで4両固定編成化された車両はない。
  • 車両はいずれも2両固定編成となっており、通常は同形式を繋いだ4両編成で運転される。
  • 運転室の締切りができることから、主に4両固定編成の中間電動車として使用された。
  • 全長20mの車両による4両固定編成と6両固定編成が製造された。
  • また後に改造で3両固定編成も登場した。
  • 次へ »