世間に広め

20 の用例 (0.00 秒)
  • 史上最大で最後の電気機械式コンピュータであり、その最大の功績はIBMの名を世間に広めたことである。
  • 日本のロック、特にヴィジュアル系ロックを広く世間に広めた先駆的存在である。
  • しかしこれに限らず「最初にやった存在と、それを本当の意味で世間に広めた存在は異なる」ものである。
  • そして今までの事を京伝に頼んで草双紙にして世間に広め浮気人への教訓としようとした。
  • 尚、本人はフィギュアや模型業界について特に関心はなく「自然の中の物を世間に広めたいというアピール」であるとしている。
  • しかしあくまで嗜好品であるワインが、PPの採点によりあたかも絶対的評価が存在するかのような誤解を世間に広めてしまったことに付いては批判も多い。
  • 帝政ロシアでコンスタンチン・トーンが新古典主義建築にロシアの信仰復興運動を合わせてネオ・ビザンティン建築を世間に広めたこともあり、ロシアや東ヨーロッパで発達した。
  • イントロクイズの楽しさを世間に広め、イントロクイズファンの裾野を広げていくことが第一の目標だという。
  • 古くからある手法の一つではあるが、日本においては競馬評論家の高本公夫がこの種の予想方法を世間に広めた人物として認知されており、予想コラムなどを通じて広めたことからタカモト式の名称で呼ばれることも多い。
  • 松浦熈がそこに着目し、古くからの景勝地に加え、自らが普及に関与した新たな景勝地を加え、世間に広めた。
  • そのようなこともあり、この戦法は「生みの親が中座、育ての親が野月、世間に広めたのが井上」とも言われている。
  • しかし、ロングヘア種のブリーダーはめげずに本種の良さを世間に広め、ロングヘア種だけでなく通常のワイマラナーの良いところも伝えていった。
  • このモデルを世間に広めたのは、メガデスの元ギタリスト、マーティ・フリードマンである。
  • そのうち「くよくよするなよ」と「風に吹かれて」はトップ10入りして、ディランの歌を大いに世間に広めた。
  • 「飛び出し坊や」の名を一躍世間に広めたのはイラストレーターのみうらじゅんであるが、最近では実は飛び出さない坊やの方が正しいのではないか、とも言っている。
  • これは統一教会の教義の中の「純潔」に対する理念を世間に広めていく目的があるとされるが、さらには統一教会が推奨する「合同結婚式」への参加者を獲得する目的を併せ持っていると見られている。
  • ただ、バックドロップをメジャーなプロレス技として世間に広めたのは、紛れも無くルー・テーズである。
  • 具体的には、視聴者に仲間内で流行っている遊びや自分の中だけで流行っているマイブームの物、世間に広めたいと思っている物について投稿募集を掛け、それらを「営業」担当のお笑いコンビと「ゼッタイガール」と呼ばれるアイドルの卵たちがスタジオで小倉にプレゼンテーションするというものだった。
  • バブル期前後のころは、恋愛や購買、若者風俗の現象を分析して「アッシー」、「メッシー」などの流行語を造語し、そうして名づけた現象を逆に世間に広めたことでも知られる。
  • だが藤森はあきらめず、「千寿」の店舗だけではなく水谷夫妻の自宅にまで通うなどし、一ヶ月に亘る交渉を続けた結果、根負けした水谷夫妻から、天むすを世間に広めないことを条件に、作り方の伝授と暖簾分けの承諾を得る。