世知辛い

全て 形容詞
36 の用例 (0.00 秒)
  • なるほど彼の卒業した時代に比べると、世間は十倍も世知辛せちがらくなっていた。 夏目漱石『道草』より引用
  • ここまで私を追い詰めたのは、せこくて世知辛い日本の出版界の実情だ。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 上』より引用
  • なんて自分は臆病おくびょうで、世知辛せちがら大人おとなになってしまったんだろうか。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ3! 俺の弁当を見てくれ』より引用
  • というのは、現代の世知辛い出版事情にあっては、原稿料は一枚幾らと計算される。 林望『書薮巡歴』より引用
  • 多田吉蔵とて、伊達だてにこの世知辛せちがらい世の中を長く生きてきたわけではなかった。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • まったく弱肉強食の世の中というのは世知辛せちがらいものですよね。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • そういう時間は決して長くは続かないというのが、世知辛い世の中の決まりである。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • どこまでいっても世知辛い世の中だった。 暁works『るいは智を呼ぶ① 皆元るい』より引用
  • 九〇年代のSMAPの歌詞はどれも、なんとまあ世知辛いこと。 長嶋有『ぼくは落ち着きがない』より引用
  • 昭和のこの時代は、とても世知辛く、警察がちょっとでも武装すると「警察国家」という批判を浴びたのでした。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編Tips』より引用
  • 家族のため、仲間のために、世知辛い現代日本社会を生き抜くシュメール星人の物語の始まりである。
  • 世知辛い行きつまった内地で儲けられない埋め合せはここでつけた。 黒島伝治『武装せる市街』より引用
  • なぜ自分はそういう世界ではなく、ホッカイロ徳用一〇パック四〇〇円などという世知辛せちがらい場所に生を受けてしまったのか? 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • さらに言えば、正時がそれまで通っていた学校には「高校受験」などという世知辛せちがらい言葉は存在すらしなかった。 秋山瑞人『ミナミノミナミノ (電撃文庫)』より引用
  • その細やかな心遣こころづかいをもうちょっとちがった方向にかせばこの世知辛せちがらい世の中ももう少しは住みやすくなるだろうに。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第01巻』より引用
  • 登場人物たちが巻き起こすアホ騒ぎを世知辛い人生の一時の慰みにしていただければ、これにくはありません。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 01』より引用
  • 世知辛せちがらい世の中になった、と皆口を揃えて言うけれど、どう考えても私が子供の頃の方が貧しかったし、それに比例して人々はすさんでいたと思える。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • そもそも、ケガをさせたのに、治療費も払わずに済むなんてことが、この世知辛い時代に、あるはずがないんです。 佐竹一彦『刑事部屋』より引用
  • 現代の社会情勢じょうせいを映し出したかのような世知辛せちがらいマジカルロジックにそこはかとなくメランコリックな気分になりながら周りを見てみるも。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第14巻』より引用
  • そこで、世知辛い作者たちは、自分で本文全体に「見えない飛び丁」を施すことになった。 林望『書薮巡歴』より引用
  • 次へ »

世知辛い の使われ方