世界中に広め

20 の用例 (0.00 秒)
  • そこでは四方位が交わる場所であり、天からの宝が世界中に広められる。
  • その後1984年にコレクションを発表し、自身の名を世界中に広めた。
  • そのような参加者があかしすることによって世界中に広められた。
  • 彼の父はX線技術者であり、若い頃から放射線や核についての情報を世界中に広めたという。
  • そんな彼女の名を一躍世界中に広めたのが1948年に開催されたロンドンオリンピックである。
  • これがきっかけとなり、鮫の凶行がメディアを通じ、世界中に広められていった。
  • 海外のポルトガル人の旺盛な活動は、ポルトガル料理の影響を世界中に広めた。
  • ロシアはその誤謬を既に世界中に広めていて、戦争と教会の迫害は止まることを知らないだろう。
  • ブリテンのせいでイギリスの音楽事情は世界から後退したというのは事実であるが、同時にイギリス人の音楽観をこれほど世界中に広めた人物も皆無である。
  • この島の芸術的な価値を世界中に広めたドイツの写真家ヴィルヘルム・フォン・グレーデン男爵が名づけた。
  • 日本が東南アジア諸国や中国大陸で「侵略戦争を行った」という話も創作された話としており、戦後占領政策の一部としてGHQが世界中に広めたプロパガンダであるとしている。
  • また、いわゆる伝統的なイギリス料理の範疇からは外れるものの、大航海時代時代以降世界の海を制し世界中に大英帝国の版図を広げた歴史を持つイギリスは、植民地の料理を取り入れ、それを世界中に広めた歴史を持つ。
  • この奏法はゲイリー・バートンによって世界中に広められた。
  • 彼が開発して世界中に広めたダンプニング奏法はジャンルを超えて今日のヴィブラフォン、マリンバの奏者や音楽に影響を与え、ヴィブラフォンがコード楽器としてピアノと比べても遜色なく同じレベルで演奏出来る事を立証させた。
  • その後日本ではゴディ、そしてゴディによって日本人として初めてこの技をかけられた天龍源一郎に、アメリカではシッド・ビシャスらによって世界中に広められた。
  • 歴史を遡れば18世紀にシャルル・ミシェル・ド・レペーが手話によるろう教育を確立し、これを世界中に広めた。
  • オットーは死ぬまで、アンネ・フランクの残した寛容と思いやりのメッセージを世界中に広め続けた。
  • レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーと警官の衝突はストーンウォールの反乱として知られLGBT権利運動を世界中に広めた。
  • この概念はデンマークのニルス・エリク・バンク=ミケルセンにより初めて提唱され、スウェーデンのベングト・ニリエにより世界中に広められた。
  • ジノ・フランチェスカッティ、ユーディ・メニューイン、ナタン・ミルシテイン、とりわけ彼の精神の父となったヘンリク・シェリング等の巨匠達の教育を受けながら、数々のコンサートをし、キャリアを世界中に広めた。