世界に広め

39 の用例 (0.00 秒)
  • 和製ポップスを海外公演などによって世界に広めた功績は大きく、特に当時の東西両ドイツやイタリアでは、日本の歌手と言えば即座に「ザ・ピーナッツ」と連想されるほどの活躍振りも高く評価された。
  • 識者によって様々な分類がなされているが、ベルギービールを世界に広めた第一人者、マイケル・ジャクソンの分類方法に沿ったものを用いる場合が多い。
  • 日本の名を世界に広めた偉大な先達には申し訳ないが、他人ひとの家やなんとか記念館の類には余り興味がないので、私は人なつこいメリダ市民の好意を辞退した。 近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』より引用
  • 吉見の主張する従軍慰安婦の被害者総数は7~20万人は韓国政府によって世界に広められている。
  • 一般的なゲームパッドの形状を世界に広めたファミコンの影響で、プレイヤーを動かすといったカーソルボタンには「十字キー」という名称が広く使用されている。
  • コーヒーノキの原産地はエチオピアであるが、これを世界に広めたのはアラビア半島の商人達で、モカはコーヒー発祥の地とされている。
  • 今年も新春早々ですが一月一五日より二月末までの約四五日間、全英選手権をはじめヨーロッパで数々の大会をサーキットしながら、ますます、坂本聖二の名声を世界に広めてくるつもりです。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • とくに重要なオペラとして、スラヴの古代史に題材を取った『アスコリドの墓』があり、ヴェルストフスキーの名を世界に広めた成功作となった。
  • 「メイド・イン・ジャパン」の名を世界に広めた高品質の大量生産システムは「ミツトヨ」の精度に支えられたとも言われた。
  • また、ギャングのブラック・スペード団を音楽文化集団ユニバーサル・ズールー・ネイションに吸収させ、ヒップホップ文化を世界に広めたとして知られている。
  • 調印式では「イタリアのスローフードに通じる、栄養バランスが整った日本食文化の特長を世界に広めたい」との決意を語るなど、この博覧会を通じて日本の食文化の普及を図ろうと意欲を示していた。
  • しかしその名を一躍世界に広めたのはかつての教え子フランシス・フクヤマが提示した歴史の終わりに呼応する形でアメリカン・エンタープライズ研究所でのハンティントンの講義をもとに「フォーリン・アフェアーズ」誌に投稿した論文から派生した著書『文明の衝突』である。
  • そして2003年5月のアブダビコンバットで、ホイラー・グレイシーから三角絞めで一本勝ちの快挙を成し遂げ、一挙にその名を世界に広めた。
  • 「インスタントラーメン」「缶コーヒー」など日本人が作り世界に広めたものが歌詞に散りばめられている。
  • アレクサンドロス3世の軍がテトラドラクマ貨を通貨としてヘレニズム世界に広めたため、イランやインドでも通貨として流通するようになった。
  • 「吉原淳平のアーティスト活動の支援を通してTRUMP所属者が吉原淳平とともに、創り、学び、遊びながら吉原淳平の作品を世界に広めていく」という目的のもと、支援団体TRUMPの活動を行っている。
  • また、デトロイト時代には積極的にアメリカ人交響曲作家の系譜をたどり、チャドウィックやエイミー・ビーチ、アイヴズ、バーバー等の作品を録音して世界に広めた。
  • レストラン経営者ルイ・ヴォーダブルが実際にソローニュへやってきてタルトを賞味し、めでたくタルト・タタンは彼の超高級フレンチレストラン『マキシム』の固定メニューに加えられ、そしてマキシムの名声とともに世界に広められた。
  • アイランド・レコードはジャマイカ生まれのレコードレーベルで、ミリー・スモールの『マイ・ボーイ・ロリポップ』を製作してスカのリズムを世界に広めたクリス・ブラックウェルにより、1959年に設立された。