世界に広める

31 の用例 (0.00 秒)
  • 吉本伊信の開発した内観法を世界に広める活動に従事している。
  • 国際真剣道連盟は、1994年に、真剣道を世界に広める為に起きた団体である。
  • 日本酒は日本の秀でた文化と自負し、日本酒を世界に広める活動に力を注いでいる。
  • 大麻の正しい理解を世界に広めるため日本でのマリファナ解禁を実現する事を目標に様々な活動を行っている。
  • 日本のファッションモデルが、日本のファッションを世界に広める目的で任命された。
  • カリフォルニア・ワインを世界に広めることにも尽力した。
  • また、自由や民主など西側諸国の価値観に対抗するため、中国独自の文化を世界に広めるソフトパワー戦略を推進するなど文化産業にも権限を広めた。
  • ネオコンは、自由主義を世界に広めることと自由化、民主化を理想とし、軍事政策や外交政策は新現実主義路線を採る。
  • 彼らは「機械神」なる存在を信奉し、その教えを全世界に広めることを大義として周辺諸国への侵攻を繰り返している。
  • のパトロン制度は、インド科学やの奨学制度をアラブ世界に広めることに寄与した。
  • ムジナモの発見とその後の事態は牧野の名を世界に広める事になったが、そのことが当時出入りしていた東京大学理学部植物学教室への、出入りが禁じられた件に関係しているとも言われている。
  • 彼はセネガルの声を世界に広めることに尽くした。
  • 彼女自身も発明家で、父の機械を世界に広めるために格闘家と闘うことでデモンストレーションを行う。
  • また1990年のアメリカ合衆国・ロサンゼルスでの公演をはじめ、国外での公演も行い、日本文化を世界に広める活動も行う。
  • 大統領は、この人工衛星は「一神教と平和と正義」を世界に広めるために打ち上げられたと語った。
  • そのスピリットと行動習慣を世界に広めるために、行動習慣ナビゲーターの育成に尽力している。
  • よってこうしたブランドがまとまって海外進出できる支援・仕組みはクールジャパンを世界に広める上で不可欠であるという指摘もある。
  • そして航空機の発達により、欧米のみに限られていたオリンピック開催地を世界に広める結果となり、1956年メルボルン、1964年東京と新たな開催地が仲間入りした。
  • 現在の会長は、創設者の孫にあたる三代目海沼実で、新作童謡CD化などの傍ら、国際的な児童音楽祭にアジア地区を代表して参加するなど、日本の童謡を世界に広めるべく取り組んでいる。
  • 東側諸国との冷戦のさなか、CIAは抽象表現主義の美術家や批評家を援助し世界に広めることにより、アメリカには「思想の自由」と「表現の自由」があり、政治・軍事・経済だけでなく文化面でも大きな成果を成し遂げたという証明にできると考え、ソビエト連邦の芸術や文化の硬直性に対し有利に立てると考えた。
  • 次へ »