世界に広め

39 の用例 (0.00 秒)
  • 著作などを通じてベルギービールを全世界に広めたことは彼の功績である。
  • しかしその存在が外の世界に広められたのは1909年になってからだった。
  • 独奏楽器としては影の薄かったヴィオラの魅力を世界に広めた演奏家である。
  • 日本人が寿司文化を世界に広めたために、今度は寿司種が世界市場で高騰すると言う現象が起きている。
  • また彼の重要な功績として、マンサード屋根を多用し、世界に広めたということが挙げられる。
  • 河合俊一によればバックアタックを世界に広めたのはボイトビッチ氏であるとのこと。
  • 各イベントに選抜され、参加した生徒は交友関係を世界に広め、卒業後も親睦を世界レベルで持つこともあった。
  • 北ベトナム側はそれによって、自分たちの部隊は人道的であるというプロパガンダを世界に広めたいと考えていた。
  • ただ、中世以降、西洋文化が近代科学や産業革命以降の社会変革を発展させて世界に広め、現代でも多くの政治・経済・社会のシステムを主導していると考える見方は多い。
  • このことは「書道を世界に広めたい」と願い続けた堀野哲仙の記念すべき一歩となった。
  • ブラジルを支配していたポルトガル人は栽培が容易なキャッサバを奴隷貿易用の食料として採用し、アフリカを中心に全世界に広めた。
  • 桂離宮を世界に広めた最初の建築家であった。
  • 一番いい方法は、タニアがこっそり方程式を完成させて、ネットでいきなり全世界に広めてしまうことだわ。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • モーリシャスとそのアープラヴァシ・ガートはそこで始まった年季奉公を世界に広めた場所と呼ぶこともできる。
  • 素晴らしい食事を提供するホテルとして知られ、とりわけ神戸ビーフの名声を世界に広めた施設の一つとされている。
  • ジョカン寺周辺は大混乱となり、多くの死体が横たわり、外国人観光客はチベット人からこの現実を撮影し、全世界に広めてほしいと懇願された。
  • 数々の実戦戦績や各国へのセールスの成功も含めて傑作戦闘機と評価され、マクドネル社の発展の原動力としてその名を世界に広めた戦闘機とされる。
  • 例えばカレーはインドが発祥とされるが、それを世界に広めたのはイギリスであり、広まったカレーもイギリスによりアレンジされたものである。
  • それ以前にフワーリズミーはインドの数学から学んだことを『インドの数の計算法』として著し、イスラム世界に広めた。
  • コルカタで始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。
  • 次へ »