世界に埋没

7 の用例 (0.00 秒)
  • 周りのことに気を配る余裕がなくなって、ひとりきりの世界に埋没まいぼつする。 今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』より引用
  • どうして今まで日常の世界に埋没できていたんだい? 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • 自分の世界に埋没まいぼつしているように、ぼんやりとして、背を曲げて椅子にこしをかける。 桜庭一樹『GOSICK 第6巻』より引用
  • それまで住んでいた環境を離れ、自ら選んだ新しい世界に埋没したメルセデスは、ちょうど、あかあかと照らされたサロンから急に外の闇の中に出た者のようなものであった。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(5)』より引用
  • ヴィクトリカは一弥の問いにうなずくと、それきり二人のことはわすれたように、書物の世界に埋没まいぼつした。 桜庭一樹『GOSICK 第2巻』より引用
  • そして、ベンチに腰かけてから 自分の世界に埋没する。 きゃんでぃそふと『つよきすACT E』より引用
  • 休止の理由は古谷の疾病によるものとされており、暫くは学究の世界に埋没し、いずれはチャンネル桜に復帰したいと述べた。