世率いる

181 の用例 (0.00 秒)
  • 一時ナポレオン1世率いるフランス帝国軍に占領される。
  • ほとなくして、マーチャーシュ1世率いるハンガリー軍により町は占領された。
  • 百年戦争中の1345年から1346年はイングランド軍に占領されており、フランス王ジャン2世率いる軍に包囲されていた。
  • この戦いではカール12世率いるスウェーデンが勝利を収めたが、1704年よりロシア・ツァーリ国がこの地を占領した。
  • 次に、オットー4世が率いる皇帝軍が戦場に到着し、フィリップ2世率いる中央の部隊に攻撃を開始した。
  • ルイ12世率いるフランス軍はブレシアに至るまで何らの抵抗を受ける事も無く進軍して占領し、ヴェネツィアは前世紀の間保持していたイタリア北部の領土を全て失った。
  • クヌーズ王はエドマンド2世率いるイングランド軍の反乱に遭う。
  • シャルル3世率いる皇帝軍は教皇軍を敗走させたが、ローマを包囲中にシャルル3世は戦死した。
  • 父は1249年にフランス王のルイ9世率いる第7回十字軍に対抗するために出陣している中で病死した。
  • ティグラト・ピレセル3世率いる新アッシリア帝国が強勢となってその後約300年間はエジプトを除くオリエント世界を支配した。
  • この像を擁するアウレリウス二世率いる軍は常勝を誇り、最終的には戦わずして敵を退却させることとなる。
  • このようにして一旦デルキュリダスとスパルタ軍は小アジアを去ったが、紀元前396年にスパルタ王アゲシラオス2世率いる軍が再び小アジアに侵攻してきた。
  • しかし第四次対仏大同盟軍がナポレオン1世率いるフランス帝国軍に敗れて解体した後、ロシア帝国は1807年にティルジットで行われたティルジットの和約においてフランス帝国と和解した。
  • また、大北方戦争の冬季戦にあってもロシア軍は上述のカール12世率いるスウェーデン軍に大敗北を喫している。
  • 紀元前334年にアレクサンドロス3世率いるマケドニア軍が小アジアに侵攻してくると、ミトリダテスは将軍の一人としてこれに応戦した。
  • 現在のバイエルンの領域と以前にそこに属していた東方辺境伯領を統一したレオポルトはハインリヒ10世の兄弟であるヴェルフ6世率いるヴェルフ一党との戦いを開始した。
  • レーヴェンハウプトは南下を続けたが、10月9日、小さな村の近くの川を渡っている最中にピョートル1世率いるロシア軍に襲われた。
  • 連合軍は7月27日から翌28日のタラベラ・デ・ラ・レイナの戦いでホセ1世率いる王国軍を撃破した。
  • 一方ロシア・プロイセン・オーストリア同盟軍も東からフランス侵攻を開始し、1814年3月末にはロシア皇帝アレクサンドル1世率いる同盟軍がパリに入城した。
  • ヘンリー8世率いるイングランド軍はフランス北部の都市テルアンヌを包囲し、で敗北したラ・パリスは当時フランス領だったトゥルネーを失った。
  • 次へ »