世に広め

49 の用例 (0.00 秒)
  • キャロルは、それまで日本で認知されていなかったロックンロールを一般に広めると同時に、最新の録音技術を世に広めた。
  • 「年の差婚」「草食系男子」「独身王子」などの言葉を世に広めたことでも知られる。
  • 古い日用品を発掘しその制作のための技術を復活させ、無名職人による日用の美を世に広め、新しい日用品を制作し普及しようとした「民藝運動」に深く関わるようになる。
  • エヴァンス、そして本作にも参加しているジョン・コルトレーンも、マイルスの後を追うようにモード・ジャズを世に広めていった。
  • ベッチがサンバ・パゴーヂを世に広めた功績ははかり知れないが、これにより多くの埋もれた才能のあるサンビスタが次々とデビューし、また売れるようになった。
  • また双葉社からも双葉文庫として傑作選が刊行されたが、収録作品のほとんどが社長就任後の話であり、この作品を世に広めたいわゆる前編は「地獄のオニババ編」として1巻にまとめられている。
  • センはこのアプローチにおいて、当時は厚生経済学において除外されていた伝統的なアプローチのアイディアを世に広めた。
  • ベッチは富裕層出身の白人の女性でありながら、貧しい黒人のサンバを世に広めた人物として知られる。
  • プレートテクトニクス研究の第一人者で、プレートテクトニクス及び動的地球観を世に広めたことで知られている。
  • しかし、これらの3要素を組み込んだ旋盤を世に広め、工作機械と機械技術におけるねじ山の応用に関して大きな進歩を生じさせたのはモーズリーである。
  • クリーブランドの公共放送の本部となっているワン・プレイハウス・スクエアは、もとはWJWラジオのスタジオで、DJを務めていたアラン・フリードが初めて「ロックンロール」という語を世に広めた場所でもある。
  • 彼から飴の作り方を教わった堀内さんという人が、「良薬にして口に甘し」という可愛い宣伝文句を使って世に広め、現代に至ったというわけです。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • 英国のライターである Yuvraj Joshi はLGBTコミュニティがクィアの面を世に広めつつも、同時に異性愛と同性愛の根源的な同一性を強調してきた点を指摘している。
  • 野田慎が編集した『断魚渓題詠集』は、断魚渓の名を世に広めたと、NHKはいう。
  • マザーテレサを世に広めた事で知られる。
  • 楊敞は司馬遷の娘を娶っており、司馬遷の娘との間に生まれた楊惲が『史記』を世に広めた。
  • ユニバーサル・ライフは、創始者ガブリエレ・ヴィッテクによる、彼女自身の教えを世に広めたことに端を発する。
  • 佐藤錦は、明治より山形県東根市の佐藤栄助によって品種改良され、岡田東作が名づけて世に広めたものである。
  • 日本でも1980年代当時キャニオンレコードから同レーベルのCDが発売され、ジョージ・ウィンストンやマイケル・ヘッジスなどのニューエイジ系アコースティック音楽を世に広めた。
  • アメリカの作家、ウィリアム・サファイアはニューヨークタイムズ紙上のコラムでこのウィスキー・スピーチを世に広めたが、その発言者を誤ってフロリダ州知事のフラー・ウォーレンとしていた。
  • 次へ »