世に広める

20 の用例 (0.00 秒)
  • 特に日本の木管楽器製作会社への製作援助と教育楽器の普及活動を積極的に行い、日本製の楽器を世に広めることに貢献した。
  • また、山口県の長門峡の自然美を世に広める努力をした。
  • ヘイルの有名な最期の言葉「私ははこの国のために失う命が一つしかないことを悔やむだけだ」を世に広めることに大いに貢献した。
  • 操縦しているのはビッグマイティの製作チームであり、ゼネラル・インダストリー社の技術力を世に広めるためロボットを破壊して周っていたのである。
  • ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。
  • 本上まなみさんは1975年5月1日生まれ、太陽の塔のそばに住んでいたこともある、京都の大学へ通っていたこともある、そして今は女優であり、人妻であり、一児の母であり、「へもい」という言葉を世に広めるべく努力しながら思ったほど成果が上がっていないらしい、美しい人である。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • 浅井の名と浅井流空手を世に広めるのを人生の目的と決心するが浅井の死去後浅井空手が消えてゆく状況に危惧を抱く。
  • メイク・ア・ウィッシュは1992年に沖縄県でスーザン・アルブライトにより設立され、1994年に東京に事務局を移転した時から現在に至るまでその活動に尽力すると共に、自らその団体の存在を世に広めるため、幅広く活動している。
  • ハイム同様カッシーラーも、ディーリアスの音楽を世に広めるのに大きな役割を果たすことになる。
  • しかし、ミラーが1850年に考案したブルマーの原型を世に広める事にブルーマーが非常に大きな貢献を行ったことも事実である。
  • これを世に広めるため、光り輝く冠をつけることを許された唯一の存在である聖母マリア=冠光、キリスト教寺院=寺ということから、「冠光寺眞法」と保江が命名した。
  • 久保田信自身は歌だけでなく、ベニクラゲに関する小説なども執筆し、ベニクラゲについての知識を世に広めるべく尽力している。
  • 最初の司祭長には、上記引用を自身のUsenetでの署名に入れて世に広めることに貢献したナタリー・オーヴァーストリートが選ばれた。
  • 鈴木三重吉の目から見て低級で愚かな政府が主導する唱歌や説話に対し、子供の純性を育むための話・歌を創作し世に広める一大運動を宣言し『赤い鳥』を発刊した。
  • 明治の廃仏毀釈の後、20世紀に入ると名所旧跡を保存すべきという国家的機運が高まり、1913年に設立された府中町青年会は『武蔵国府名蹟誌』の刊行を事業として掲げ、名所旧跡の保存と府中町とその周辺を世に広める努力を行った。
  • 後に文化6年に忠敬が日本地図作成のための測量に出た折に備後国で当時著名な学者であった菅茶山に『補訂鄭註孝経』を贈呈して、清淵の名を世に広めるきっかけとなった。
  • 二宮尊徳の報徳仕法を世に広める報徳社にも連絡を取ったが、やはり、知らぬ、という答え。 荒俣宏『帝都物語2』より引用
  • 生産スケジュールソフト「OPT」を米国で販売していた彼は、OPTの基礎理論をわかりやすく世に広めるため、ビジネス小説「ザ・ゴール」を執筆した。
  • オレは、ルックスを褒められれば嬉しいし、モデルの仕事も好きだし、もっとオレのカッコいい姿を世に広めるべきと思っている。 野村美月『文学少女シリーズ16 半熟作家と“文学少女”な編集者』より引用
  • ラヴクラフトに心酔していた作家オーガスト・ダーレスは、師と仰ぐラヴクラフトの作品を自ら出版社「アーカムハウス」を創設して出版するなどラヴクラフトの物語を世に広める最大の功労者と言ってよいが、同時に「悪なる旧支配者」が存在する以上、それに対抗する「善なる存在」も求めた。