世に広め

49 の用例 (0.00 秒)
  • 北大路魯山人研究で著名で、魯山人を世に広めた人物としても知られる。
  • この作品群により、ロボット・人工知能の倫理規則が世に広められた。
  • 権威とは芸術作品を世に広めたり後世に遺したり芸術活動を推奨することを目的とした組織であり、そのために特にその価値がある芸術作品を認め知らしめるだけで、芸術を定義しているものではない。
  • 彼女たちは、自らがアイドルとして活動し、学校の名を世に広め、入学希望者を増やそうと考えたのだ。
  • 晋平節を世に広め、古賀政男の才能を発見したことで、それ以後の日本大衆音楽史の発展に大きな功績がある。
  • また、「涼州」という歌を自分で作曲し、死後に玄宗によって、世に広められたと伝えている。
  • 彼は家督を継ぐ事を好まず、また自分の家の中だけで伝承されていた明楽を世に広めたいと考え、京にのぼり諸侯の前で明楽を奏した。
  • 永禄10年には織田信長方の滝川一益による再三の攻撃をはね付け、堅牢なる城との名を世に広めた。
  • 公共の場や受刑者の場合は刑務所内に座り込み飲食を断つことで相手が要求を受け入れなければ餓死に至るという状況に追い込むことで注目を集め、自分の主義・主張を通そうとしたりそれを世に広めたりするのが目的である。
  • 次第にその名を世に広め、MySpaceでは1500万回以上の試聴を記録するなど、ヨーロッパのクラブシーンで不動の地位を確立し始めていた。
  • ファン・バビューレンはまた、音楽を奏でる人々やカード遊びをする人々等を描いた風俗画を世に広めた画家のはしりである。
  • それまでの労働形態とは異なり、「ローウェルの仕組み」は、雇用者との契約の元にその労働を売る賃金労働者の概念を世に広めたものであり、現代の国や産業にも続く社会経済システムになった。
  • 歌い出しの「森の都の花乙女」により、仙台の雅称「杜の都」を世に広めた。
  • いったい誰がこんな安直で浅薄な見識を世に広めたのか。 里中哲彦『鬼平犯科帳の人生論』より引用
  • 明治時代の歴史学者が菱垣廻船の誤った理解を世に広めた。
  • 後年、劉は各地で、保定市の名産であるタバコの葉の行商をしながら武術の試合や交流を行い、鷹爪拳の名を世に広めた。
  • かねてより自ら所蔵する作品を世に広めたいと願っていた夫婦は、大学か美術館にコレクションを寄贈し、自らの意向に沿う専用の展示館を建設することを考えた。
  • 合唱団体「ヴォクスマーナ」は多くの現代音楽の作曲家へ委嘱しており、従来の合唱音楽では見られなかった音響を伴う音楽を世に広めている。
  • 聞いて見ると、要するに自分は空飛ぶ円盤に乗って出現する元特攻隊員たちと、霊妙不可思議なる心の交流をしている、この事実を詳しくあなたにだけお伝えするから、何かに書いて世に広めてほしいというのである。 阿川弘之『末の末っ子』より引用
  • ジョージ・マクダフィーは反関税勢力で特に実効のある発言者であり、40樽理論を世に広めた。
  • 次へ »