且つ

全て 副詞
3,056 の用例 (0.02 秒)
  • 次元は両者に共通でありながら且つ両者に於て異っていると想像出来る。 戸坂潤『幾何学と空間』より引用
  • 空間はただこの意味に於てのみの物に必要にして且つ充分な制約であった。 戸坂潤『範疇としての空間に就いて』より引用
  • で生物は少なくとも形態を形成し且つ保持する存在であると云うべきである。 戸坂潤『現代唯物論講話』より引用
  • きょうは実にふき出して且ついくらかバカらしくなったことがあります。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • この報告は、努めて厳正に且つ自由になされなければならぬと私は思ふ。 岸田国士『北支物情』より引用
  • 常識はそれに対して比較的容易に疑問を感じ且つそれを表白して来た。 宮本百合子『近頃の話題』より引用
  • 且つ、内部は境界がそれに属せざる領域なるが故に開かれているという。 森敦『意味の変容』より引用
  • 次第に幼い頃の空気がかれの心の周囲に集りかもされて来るのを覚えた。 田山花袋『ある僧の奇蹟』より引用
  • 夏はああいうのの方が刺激がすくなくて且つ皮膚のためにようございますから。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 本人がそれほど熱心な勉強家でないし、且つ今のところは生活も例外ですから。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 吾々は今この区別を、もっと分析して且つ具体的にして見ようと思う。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 神を信ずるよりも母を信ずる方が子供に取っては深く、且つ強いのである。 小川未明『愛に就ての問題』より引用
  • 天才哲学者の毒に当たり、最も困難且つ英雄的な道を選ぼうとしたらしい。 吉村萬壱『ハリガネムシ』より引用
  • そしてこれは或る意味でたしかに正しい、且つ深い見方を含んでゐる。 三木清『日記と自叙伝』より引用
  • それをどうして竜之助が知っていたのか、せんを打たれて驚きつ狼狽しました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 子供が最も好んで且つ熱心にすることは何かといえば、それは遊戯だ。 フロイト/高橋義孝訳『芸術論』より引用
  • 怪異はあらゆる夢想のうちの最も具象的な且つ最も飛躍的なものである。 豊島与志雄『怪異に嫌わる』より引用
  • 自分はそれを信じ且つ深く頷く、うなづきつつどこか不滿なものがある。 今井邦子『水野仙子さんの思ひ出』より引用
  • 相手の目の示した生なましい苦痛の色に驚き、且つ心を痛めたからである。 クリスティ/西川清子訳『ナイルに死す』より引用
  • つ早朝に起き出た習慣のままに約束をまもって白竿長兵衛を訪ねて来た。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • 次へ »