不断草

全て 名詞
10 の例文 (0.00 秒)
  • あしたの朝は不断草というのを蒔きます、朝の落付かない時間の仕事にいいし。 ...
  • ホウレンソウに似ているが比較的季節に関係なく利用できるので「不断草」とよばれる。 ...
  • 僕のつくったふだん草をすいとんに入れました。 ...
  • ふだん草のお汁と、小さいいわしの焼いたのがあって、とてもにぎやかな食事です。 ...
  • この娘さんは畑の畦を切り、わたしは去年の秋からこしらえてあった肥料をかけ、又土をかけ、小松菜やふだん草やを蒔きました。 ...
  • のび放題のぶどうのつるは、蛇のように地上をはいまわり、刈らないで放置されたとうもろこしの穂軸は、石のように固くなっており、ふだん草や砂糖大根は、異常発育して、でっかい木のこぶのようになっていた。 ...
  • それから一週間ばかりたったある日のこと、田辺は作業服を着て古い帽子をかぶり、下男といっしょに家の裏手の野茶畑で春蒔野菜の種子や隠元豆、ふだん草、山芋などを蒔きつけ、さらに、トマトや南瓜の苗を仕立てるための苗代ごしらえをしていた。 ...
  • ふだんそうが、こないだから、こら、こんなになっちもうから、へんだと思っていたら、油虫を蟻がかついで来ちゃ、取りつかして食わしている。
  • 一方、からし菜、京菜、せり、よもぎ、はまちさ、ふだん草、ふきなど、あくヽヽの強いものは、真水でゆでたほうがあくヽヽがよくとれます。 ...