不撓不屈の精神

24 の用例 (0.00 秒)
  • 少林寺拳法は、あくまでも宗門の行であり、単なる武道やスポーツでは無いという視点に立ち、金剛禅という独自の教えに基づいて、自己確立・自他共楽の教えを元に仁王尊のような「金剛の肉体」と達磨の「不撓不屈の精神」を目指した修行法をとっている。
  • 呼称に含まれる「フェニックス」は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての戊辰戦争や1945年の長岡空襲、2004年の新潟県中越地震など、幾多の戦火や自然災害を乗り越えた長岡市民の不撓不屈の精神を「不死鳥」になぞらえた事に由来したもので、1977年に制定された現在の長岡市章も不死鳥を模ったものである。
  • 大化改新以来、農村精神とは脱税を案出する不撓不屈ふとうふくつの精神で、浮浪人となって脱税し、戸籍をごまかして脱税し、そして彼等農民達の小さな個々の悪戦苦闘の脱税行為が実は日本経済の結び目であり、それによって荘園が起り、荘園が栄え、荘園が衰え、貴族が亡びて武士が興った。 坂口安吾『続堕落論』より引用
  • 大化改新以来、農村精神とは脱税を案出する不撓ふとう不屈の精神で、浮浪人となって脱税し、戸籍をごまかして脱税し、そして彼ら農民たちの小さな個々の悪戦苦闘の脱税行為が実は日本経済の結び目であり、それによって荘園が起こり、荘園が栄え、荘園が衰え、貴族が亡びて武士が興った。 坂口安吾『堕落論』より引用