不撓不屈の意志

4 の用例 (0.00 秒)
  • お菱の胸には、お芦、お都奈にまけず、どんなことがあっても自分の子を生まなければならぬ、そして芦丸あしまる、都奈丸も立派に育ててゆかなければならないという不撓ふとう不屈の意志が改めてきあがる。 山田風太郎『忍法封印いま破る』より引用
  • 彼らは、ミシシッピー河の畔からロッキー山脈の西側の斜面までの距離を、歴史上ほとんど類をみない不撓不屈の意志をもって行軍したのである。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • そして、レンズマン、コンウェー・コスティガンは、不撓不屈ふとうふくつの意志をもって、しまいには十分の九まで意識を失いながらも、もちこたえた。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ5) ファースト・レンズマン』より引用
  • 彼の一徹な峻厳しゅんげんさ、俗世や肉的な快楽にたいする軽蔑けいべつ、人間的な心づかいにたいする嫌悪けんお、神にたいする愛、まだ年若くて粗野な未経験、厳格な言葉、不撓不屈ふとうふくつの意志などが、ジャンヌに、殉教者とはこういう人を言ったものであろうという印象を与えた。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用