不承不承といった感じ

10 の用例 (0.00 秒)
  • すると、美波も不承不承といった感じで小さく頷いて僕の腕を取った。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • ひたいに手を当てていたリクター王子は、やがて不承不承ふしょうぶしょうといった感じでうなずいた。 河出智紀『まずは一報ポプラパレスより 2』より引用
  • 早苗が待っていると、青柳は、不承不承といった感じで口を開けた。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • それを察したらしく湯川は、不承不承といった感じで名刺を女に差し出した。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • 彼女は不承不承といった感じで頷いた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 久保という女は不承不承といった感じで頷いた。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 不承不承といった感じでうなずいた。 馳星周『夜光虫』より引用
  • 小倉は振り返ると、教えるべきかどうか迷っているような表情を見せたが、純子の方に目をやって、不承不承といった感じで答えた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 「そうですねえ、二、三十分ほどお待ちいただいておりますが」 「ふうん、仕方ないなあ」不承不承といった感じで男は名前を書き始めた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • いかにも不承不承といった感じでしようじ入れたスライディーニは、渋紙を貼りつけたような顔をこわばらせて、このところ体調を崩しているので十五分で失敬するよ、と念をおした。 江國滋『アメリカ阿呆旅行わん・つう・すりー』より引用