不承不承うなずい

25 の用例 (0.00 秒)
  • 真樹子は自分と同じ年の加代の大人っぽい態度にされて不承不承うなずいた。 三浦綾子『病めるときも』より引用
  • るいが不承不承うなずいて、東吾は源三郎に救いを求めた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 31 江戸の精霊流し』より引用
  • ヴァーンは少しでも反駁する材料はないかと考えこんでいるようすだったが、やがて不承不承うなずいた。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • クレイがビシッと決めてくれ、トラップも口はとがらせたままだったけど不承不承ふしょうぶしょううなずいた。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第5巻 大魔術教団の謎(上)』より引用
  • 佐太次が不承不承うなずいた。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • 小室監督はむずかしい顔でなやんだ後に、不承不承ふしょうぶしょううなずいた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集06 あてにならない六法全書?』より引用
  • 不承不承うなずいたおこんを、翌日万次郎の屋敷に連れていった高次は、万次郎に頼んでミシンで着物を縫ってもらうことにした。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • 東吾にきっぱりいわれて、新左衛門は不承不承うなずいた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 14 神かくし』より引用
  • かなめににらみつけられて、宗介は不承不承ふしょうぶしょううなずいた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • 思いもよらず気丈な翠の態度に、広田は不承不承ふしょうぶしょううなずいた。 小野不由美『悪夢の棲む家 (上) 挿絵あり』より引用
  • 帝は不承不承うなずいた。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • 「あのどぶねずみに要求どおりのものを与え、重要なことをマーテルに報告できなくなるまで、僧院に幽閉するということで」 「いいだろう」ウォーガンは不承不承うなずいた。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 初めて、ひとつ、小六は自分に不承不承うなずいた。 吉川英治『新書太閤記(三)』より引用
  • 秀一は、今月の懐具合について思案して、不承不承うなずいた。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • 例の鬼気にやんわり首筋をなでられたものか、医師は青ざめて口をつぐみ、村長も不承不承うなずいた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター02 風立ちて“D”』より引用
  • しばらく悩んだ末、サーラは不承不承ふしょうぶしょううなずいた。 山本弘『サーラの冒険 2 悪党には負けない !』より引用
  • サーラは不承不承ふしょうぶしょううなずいた。 山本弘『サーラの冒険 4 愛を信じたい !』より引用
  • マージは不承不承ふしょうぶしょううなずいた。 野尻抱介『クレギオン 3 アンクスの海賊』より引用
  • 北野は不承不承うなずいた。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 一弥は不承不承ふしょうぶしょううなずいた。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • 次へ »