不審火

全て 名詞
146 の例文 (0.00 秒)
  • 当初から警察は不審火とみていたが、この家の息子Aの姿がなかった。 ...
  • 由美が逮捕された夜、この実家は不審火を出して、焼けてしまったのだ。 ...
  • 木良市では今年に入り、不審火と思われる火災が相次いで発生している。 ...
  • 男が来た次の日の夜、宿は不審火ふしんびを発して彼女は焼け死んだのです。 ...
  • それとも、この不審火の犯人は誰だと思うかということですか?
  • 執務室内はしばらく前に起きたという不審火を消したあとで室内には物が散乱していた。 ...
  • 不審火のことを訊きたがっていると思われて、当然かもしれない。 ...
  • 木良市では昨年から、不審火と思われる火災が連続して発生している。 ...
  • この二つの事実は、すべての不審火が同一犯の手になるものであることを強く示唆していた。 ...
  • その上、ゆうべは大蔵省で不審火も出たっていうじゃありませんの。 ...
  • あなたがK温泉にとまった夜、旅館は不審火ふしんびを発したよさんは焼死しました。 ...
  • なお惨劇の舞台となった彼の家は1972年8月30日に不審火で焼失した。 ...
  • 現場に火の気がないことから、木良署では不審火の疑いがあるとみて調べている。 ...
  • そこは、かつて伊丹船の不審火を調べあぐんでいたとき、二人でよく会った場所である。 ...
  • 不審火は移転後の空家に誰かが入り込んで焚火たきびをした結果らしい。 ...
  • 連続不審火の、次の現場予想とか書いていたな。
  • 晩年には頂上部付近で放火と見られる不審火が発生した。 ...
  • 次へ