不同意

188 の用例 (0.00 秒)
  • そのたびごとに彼女はそれに少しも不同意を持ち得なかった。 相馬泰三『田舎医師の子』より引用
  • 今は森師団長だけが不同意ですが、それを説得しているのです。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • 兄も不同意とあるからは一応の意見も諫言も試みたに相違ない。 岡本綺堂『小坂部姫』より引用
  • また交りを結ぶに当って不同意を示したことはありませんでした。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • 当時の国会議員たちは、話題の国軍合理化に不同意を口にしはじめた。
  • とはいっても、諸君のなかには不同意の者もおるかも知れぬ。 中村彰彦『侍たちの海 小説 伊東祐亨』より引用
  • これにはお祖父様が不同意であったらしい。 夢野久作『父杉山茂丸を語る』より引用
  • その男が不同意であると、次に好きな男の名をいう。 田辺聖子『女の長風呂 Ⅱ』より引用
  • その変化には兄のレオが口に出して不同意を示した。
  • 私はこの論にはまったく不同意である。
  • ユリアンが口にしたのは、質問でも確認でもなく、ひかえめな不同意の念だった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用
  • その口吻は不同意をしめしてするどいが、言葉ははっきりしなかった。 マクリーン『女王陛下のユリシーズ号』より引用
  • だから自分としては不同意なのである。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • 参加各国軍は国連軍司令部に対し不同意権を留保していた。
  • この結婚に不同意のイサベル2世は、マリアに会おうともしなかった。
  • かの人の私行については二つ三つ不同意なところがあります。 内村鑑三『後世への最大遺物』より引用
  • そこで、正直なところを申しあげると、実はわたしゃそれに不同意なんです。 ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(上)』より引用
  • 梅津はまず宮城内に兵を動かすことを非難し、全面的に不同意であると述べた。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • 集会参加者に不同意の意を示されると、これは個人の比較ではなく政策の類似を指摘しただけだと弁明した。
  • 宗助はお米の批評に、同意も不同意も表しなかった。 夏目漱石『門』より引用
  • 次へ »