不世出

全て 名詞
169 の例文 (0.01 秒)
  • あの娘なら、育て方によっては、不世出の大歌手に育ちそうな気がする。 ...
  • おまえと戦った連中がいってたが、おまえは不世出の剣士だそうだな。 ...
  • しん国にすら百年にひとり現れるかどうかの不世出ふせいしゅつの才能を持つ子だという。 ...
  • 家康の長男三郎信康は不世出の武将であると同時に心優しい男だった。 ...
  • 百人に一人、いや千年に一人出るか出ないかの、不世出の奇才にございます。
  • さて、そろそろ、この不世出の作家の生涯を閉じるときが来たようだ。 ...
  • 金田正一という不世出の四百勝投手を生んだのはこのチームである。 ...
  • ところが、不世出の大名人は、思いもつかぬ、フィナーレを用意していた。 ...
  • その戸惑とまどいようはごく普通の少年のそれであり、とても不世出ふせいしゅつの剣士には見えない。 ...
  • やはり先生は不世出の大作家だったのよ。
  • しかし私は祖父の期待を一身に集めている孫として、私から見れば不世出の偉人である祖父の願いを実現するため努力してみようと思います。 ...
  • だが、不世出の才能の持ち主である彼の思考を表現できる言葉は、おそらくこの時代には存在しないのだ。 ...
  • 兵政の世界に於て秀吉が不世出の人であつたと同様に、趣味の世界に於ては先づ以て最高位に立つべき不世出の人であつた。 ...
  • ドイツ語以外にも様々な言語に通じており、「不世出の語学の天才」と呼ばれた。 ...
  • 何よりも日本選手権八連勝の実力は不世出と言ってよいであろう。 ...
  • 兵政の世界において秀吉が不世出の人であったと同様に、趣味の世界においては先ずもって最高位に立つべき不世出の人であった。 ...
  • この本は不世出の登山家であった加藤文太郎の登山家としての生涯しょうがいをたどっている。 ...
  • 次へ