不ユカイ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それに不幸であつたためか何んとなく不愉快な感じがしてならなかつた。 ...
  • それだけでもこの場合に僕を不愉快にするには充分だったかも知れない。 ...
  • 不愉快に思いながらも夫人はもういつかのように奪おうとはしなかった。 ...
  • 彼はほとんど悒鬱ゆううつといってもいいような不愉快な気持ちに沈んで行った。 ...
  • そうすれば今よりもいっそう不安な、不愉快な気持ちになるに相違ない。 ...
  • ロビントンは、不愉快な思いをせずに住居を出ていきたいと思っていた。 ...
  • 正直にいえば、この発見は必ずしもそれほど不愉快なものではなかった。 ...
  • 不愉快な灰色の高い壁は上の端で曲面を形作って天井につながっていた。 ...
  • なるほど自分は世の中を不愉快にするために生きてるのかも知れない。 ...
  • 巌洞人の同僚は受け入れられても外の人間の憐れみは不愉快なのだった。 ...
  • 彼の帰ったのは彼の家にどれだけの不愉快な動揺を与える結果になったか。 ...
  • というのは、私に不愉快なことを言う人がいなくなったということだ。 ...
  • そして不愉快な日の不愉快さをもう一つ付け加えられるような気がした。 ...
  • みんな良い人たちで、お互いの間にゴタゴタや不愉快なことは起きない。 ...
  • 何も自分の受けた不愉快な気持ちをわざわざ彼女に与えなくてもと。 ...
  • ちょうど鶏の咽喉のどでもしめられているかというような不愉快な声がした。 ...
  • 大事な睡眠を犠牲にして、少しも不愉快な顔を見せないのも承知していた。 ...