不ゆきとどき

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 柳がやったこととはいえ、社長としての監督不行き届きという他はない。 ...
  • もし連中に何か不行き届きがあれば、 私どもが監督することができます。 ...
  • 周兵衛は息子の罪と自分の不行き届きを恥じ、家族を連れて村を出ていった。 ...
  • しかしそれも戦争が起こってからしだいに手入れも不ゆきとどきになる。 ...
  • それでは滝野の取締り不行きとどきという話ではないかと思ったのだ。 ...
  • しかし、理事は委員を兼ねていたので監督は不行き届きであった。 ...
  • 私どものところくらい、管理不行き届きに成りやすいところはない。 ...
  • 家庭の監督が不行き届きだったので、計略はまんまと図に当たった。 ...
  • 疑いは晴れたが、監督不行き届きとして3か月間減俸3割の処分となった。 ...
  • 「政事が不行きとどきである」 と、領国を没収されてしまいかねない。 ...
  • まったくもって監督不行き届き、あの給仕どもに、勝手放題な真似をさせておる。 ...
  • 見ると、朝廷新政のみぎり、この不行き届きのあるは申しわけがない。 ...
  • 大館城代の父義種が家政不行き届きで隠居を命じられたため、家督を相続した。 ...
  • ここで八頭さまに死なれては、わたくしめの監督不行き届き。 ...
  • 皆さん、多々不行き届きがあったと思うけど許してくださいね。 ...
  • これはひとえに自分の健康管理不行き届きであり、弁解の余地もないことだ。 ...
  • 小ぎれいな身なりをした母親は、自分の息子の素行について保護者としての管理不行き届きを認めたものの、少年が先に手を出したということに関しては一切信じようとはしなかった。 ...