下ろす

全て 動詞
3,322 の用例 (0.01 秒)
  • ほとんど同時に今までその男がかけていた場所へ若い男が腰を下ろした。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • 六人は誰が合図するともなく、床の上に静かに腰を下ろし、輪になった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • それを防ぐには、実の経済に根を下ろさなくてはいけたいのではないか。 養老孟司『バカの壁』より引用
  • なんのためのものかは不明だが、腰を下ろすにちょうどいい高さだった。 鈴木光司『らせん』より引用
  • テーブルの傍の安楽椅子にゆっくり腰を下ろしてからも、何もいわない。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • 男も地面に腰を下ろし、作業着の胸ポケットから煙草を出して火をつけた。 平安寿子『くうねるところすむところ』より引用
  • 三人の犠牲者は、いずれも左側の座席に腰を下ろしていたことが判った。 海野十三『省線電車の射撃手』より引用
  • 彼女は、夫が結婚以来百二十七回自分を撮り下ろしたとぼくに自慢した。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 娘たちは、緊張している田中と岸村を、大きな寝椅子ねいすに腰を下ろさせた。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第一部』より引用
  • 二度、三度と刀が振り下ろされるのを見ながら柏木君は気が遠くなった。 倉橋由美子『倉橋由美子の怪奇掌篇』より引用
  • 同居人は新聞を投げてよこしたので、私は言われた箇所に目を下ろした。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • 表の戸には錠が下ろしてなく、家の中はずいぶん荒らされておりました。 小酒井不木『紫外線』より引用
  • 生命の底にいっそう深く根を下ろしたる気分より起こるものである。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • おれが中央で大の字になっていたため、彼女はベッドのはしこしを下ろす。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 医師が病室を出て行くと、フォロンはベッドの脇の椅子に腰を下ろした。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • こしを下ろそうとしたものの、その瞬間しゅんかん、椅子なんてないような気がした。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第04巻』より引用
  • 二人が蜜柑畑の中のあぜに腰を下ろして、割籠わりごを開こうとしたときだった。 菊池寛『船医の立場』より引用
  • そんなにたくさんのお金を、どうしてここで下ろさなくちゃならないの? 吉村達也『ワンナイトミステリー3 「香港の魔宮」』より引用
  • 腰を下ろして、ひとりずつ調べてみると、ふたりはすでに絶命していた。 水野良『剣の国の魔法戦士』より引用
  • 陽子と滝田は並んで腰を下ろしたものの、視線を合わせようとはしない。 津村秀介『瀬戸内を渡る死者』より引用
  • 次へ »