下に押し込む

20 の用例 (0.00 秒)
  • 宗介は眉間みけんのしわを一層いっそう深くしてから、荷物をデスクの下に押し込んだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • ひとりの水夫が荷物を持っていってくれ、ベッドの下に押し込んだ。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • と、食べ終った駅弁の包みを、足の下に押し込んで、時刻表を広げた。 西村京太郎『祝日に殺人の列車が走る』より引用
  • ベッドの下に押し込んで逃げ去ろうと思っていたのだったが。 高殿円『カーリーWEB編「恋と寄宿舎とガイ・フォークス・デイ」kari 02』より引用
  • 進介は慌ててラジオをベッドの下に押し込んだ。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用
  • 水門というか、東側の水面すれすれの天井の下に押し込んであります。 安部公房『方舟さくら丸』より引用
  • 子供の大便は紙にとって座席の下に押し込んである、という始末だ。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • レスター・リースは百ドル札を十枚取り上げ、それを彼女の皿の下に押し込んだ。 ガードナー/池央耿訳『緋の接吻』より引用
  • 晴香は気づかれないようにコートのポケットから手紙を取り出し、車のシートの下に押し込んだ。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • 靴の先で本をテーブルの下に押し込む。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • それが地震だと判った瞬間、館崎は緋紗江の身体をテーブルの下に押し込んだ。 泡坂妻夫『湖底のまつり』より引用
  • テディ・ベアもその本を一冊貰っていたが、ベッドの下に押し込んだきり眼を通していなかった。 小林信彦『ビートルズの優しい夜』より引用
  • 彼は生きた魚を自分の上着の下に押し込んだ。
  • 私は鞄を手にすると、椅子いすを机の下に押し込んだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • リディアは、小さな包みをベッドの下に押し込んだ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第07巻 涙の秘密をおしえて』より引用
  • その書物を返すときには注意して、寝床の下や家具の下に押し込んで、室からもち出されたのではないと思わせるようにしておいた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 私は自分の寝台に座ると、銀貨の入った袋を下に押し込んだ。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 大丸の紙袋を手提げバッグの陰に隠すようにして、そっと机の下に押し込んだ。 小川内初枝『緊縛』より引用
  • その彼の意思を表すペンダントを、シャナが首からはずし、枕の下に押し込んだ。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第01巻』より引用
  • 彼女はそれを下駄箱の下に押し込んだ。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用