下に在る

30 の用例 (0.00 秒)
  • 高きに在るはづのごんの山が、低きに居るべきこんの地の下に在るのである。 片山広子『地山謙』より引用
  • すると青空が自分の眼の下に在るやうに見え、まるで、海を覗いてゐる気がした。 岡本かの子『小学生のとき与へられた教訓』より引用
  • そのあたりはすでに完全に敵の制圧下に在るため、敵船が直掩機もつけずに航行していたのが幸いした。 城山三郎『忘れ得ぬ翼』より引用
  • なおもう一つ下に在るところの華族よりは余程優遇されて居る。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 田舎の警察というものは大抵火見櫓の下に在るものだ。 夢野久作『山羊髯編輯長』より引用
  • 斜面の下に在るものは、いわゆる性の荒廃とか性的頽廃たいはいとかいったものである。 吉行淳之介『砂の上の植物群』より引用
  • 敵大艦隊の包囲下に在る島で。 城山三郎『忘れ得ぬ翼』より引用
  • こういうような喜びを持ちつつまたもカッサパ仏陀ぶっだ大塔だいとうの下に在る寓居ぐうきょに帰って参りました。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 自分でお蔦が守をするのは同居だけに下に在る。 泉鏡花『婦系図』より引用
  • われらはその御加護の下に在るものだ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 04』より引用
  • 怪物的なものは、上に在っては神的と称することが出来、下に在っては悪魔的と称することが出来る。 豊島与志雄『ヒューメーンということに就て』より引用
  • 高い天井てんじょうの下にるものは、何もかも暗くすすけた色を帯びて、昔の街道の名残をあらわしている。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 高い天井の下に在るものは、何もかも暗くすゝけた色を帯びて、昔の街道の名残なごりあらはして居る。 島崎藤村『破戒』より引用
  • だからこそフォロンはこの切羽詰まった状況下に在りながらも各種エフェクタの調整に時間を掛けたのだ。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • その全体が、神速しんそくの動きにわずか遅れ、台風の下に在る大木のようにかすしなった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第16巻』より引用
  • 尠くともお互に異なる原動力の下に在るものと考へて居た。 折口信夫『信太妻の話』より引用
  • それはB女の肩のあたりから立上ってくるのか、あるいはその下に在るA女の胸から発するものか判別ができなかったが、太陽の光を十分に吸い込んだ牧草の匂いである。 吉行淳之介『砂の上の植物群』より引用
  • 今度の場合、斜面の下に在るものを、彼は予測できない。 吉行淳之介『砂の上の植物群』より引用
  • 半壊した仮面の下に在った素顔はゼンガーと同じであった。
  • 下に在る者には愛せられて、常に威厳を保ち、上に在る者には丁重にして、決して自信を失わず。 新渡戸稲造『武士道の山』より引用
  • 次へ »