下げる

全て 動詞
5,083 の用例 (0.01 秒)
  • どちらも、一人の人間と一つの企業に頭を下げる必要がありそうだった。 九条公人『求めしは力、得るものは華、失いしは・・・闇』より引用
  • だがそのことは桃源郷自体の価値かちをいささかも下げることにはならない。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 06』より引用
  • だったら金なんか出さずに頭の一つも下げりゃやってくれるんじゃねえの? 海原育人『ドラゴンキラー売ります』より引用
  • 男は薄笑いを浮かべ、ちょっと頭を下げると急いでホテルを出ていった。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • というような消え方をして、初めて観客は大いに溜飲を下げるのである。 木村晋介『八丈島のロックンロール ―キムラ弁護士事件帖』より引用
  • 名前呼ばれて、頭下げるだけなんだけど、なんなのよ、この工場長って。 川島誠『セカンド・ショット』より引用
  • 二人ともニコニコしながら何度もコンニチハと言って頭を下げるだけだ。 中島敦『環礁』より引用
  • それがなんであるのかわからないまま、反射的に機体の高度を下げる。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 出し終わったとき、皿の上には料理があって、それをキチンへ下げるの。 片岡義男『少女時代』より引用
  • 何ではすかいに頭下げるのかといいますと、これはちゃんと作戦がある。 笑福亭松鶴『上方落語100選(3)』より引用
  • 帽子掛けからハンチングを取り、平七たちの頭越しに小六へ頭を下げる。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 5) 太閤殿下の定吉セブン』より引用
  • それでも一度だけ頭を下げると、彼女達は暗い森へと走っていった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • それゆえ帝は、人に対してさえ頭を下げることの出来ないお立場にあられる。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』より引用
  • 小柄な女が奥からすっと出て来て、頭を下げると、そのまま横を向いた。 泡坂妻夫『乱れからくり』より引用
  • だから彼といえどもみだりにお秀の前に頭を下げる訳には行かなかった。 夏目漱石『明暗』より引用
  • ここに冉神通ぜんしんつうでもいれば、熱を下げるぐらいのことはできたかもしれない。 井上祐美子『五王戦国志8 天壌篇』より引用
  • すみませんと頭を下げると、その人はいいよいいよと笑って泡を畷った。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • おせいが何度も頭を下げるのを横目に見ながら伊三次は胸が熱くなっていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • と頭を下げると、何かを振り切ろうとするように、足早に歩いて行った。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 二人の女が、頭を下げるのを後に、百城は足早に出て行ってしまった。 直木三十五『南国太平記』より引用
  • 次へ »