上野千鶴子

36 の用例 (0.00 秒)
  • 同書は、上野千鶴子らフェミニズムの研究者や活動家から高く評価された。
  • 上野千鶴子によると、女性は男性から評価される対象として自己身体を経験している。
  • 学問分野として確立されたのは1982年、上野千鶴子による。
  • 上野千鶴子は、ミソジニーの男性には女好きが多いと指摘している。
  • 上野千鶴子の著書などではアメリカ英語に基づく表記で「スミス」と紹介されることもある。
  • 社会学者の上野千鶴子が私淑する人物でもある。
  • 上野千鶴子は、ミソジニーを家父長制の基本原理の一つに位置づけている。
  • また、上野千鶴子への一貫した批判者でもある。
  • 京都精華大学助教授の上野千鶴子のようにあからさまに同性愛者を差別するものもいた。
  • この研究所では、上野千鶴子が客員助教授を務めていた。
  • この時同僚だった上野千鶴子と交友を持ち始める。
  • 上野千鶴子は、『女は世界を救えるか』において、フェミニスト人類学者の観点からはなぜ女が交換要因にされなければならないのかと批判があることを指摘する。
  • 上野千鶴子と関係が深い。
  • 上野千鶴子や中島梓はやおい系作品内での男性キャラクター同士の同性愛的な関係と現実のゲイの男性間の同性愛関係は全く別物だと捉えており、水間碧はこういった考え方を「隠喩としての少年愛嗜好」であると表現している。
  • その後の「学者フェミニスト」の登場で影が薄くなったが、上野千鶴子が愛するニキ・ド・サンファルを日本に紹介したのは白石である。
  • ちなみに同性愛団体への東京都施設貸し出し拒否の是非が争われた府中青年の家事件も、キリスト教原理主義団体がゲイ団体に嫌がらせをしたことが発端であり、かつて同性愛者差別発言をした上野千鶴子もクリスチャン・ファミリーの出身である。
  • 一部のテレビや雑誌は、彼女の出身地である香港の芸能界の風習である子連れ出勤を批判的に取り上げたが、社会学者の上野千鶴子が『朝日新聞』紙上で「働く母親の背中には必ず子供がいるもの」としてアグネスを擁護した。
  • この考えはややもすると保守的な反フェミニズムの言説と受け取られがちだが、女性の優位性を強調し、男性の脆弱性を攻撃する過激なフェミニストには変わりなく、党派性を除けば上野千鶴子と酷似している。
  • フェミニストであり、上野千鶴子、小倉千加子との鼎談『男流文学論』を刊行している。
  • また、抗議を受けて、東京都国分寺市が、「ジェンダーフリー」という言葉を使用する恐れがあるとして講演を依頼していたフェミニストである上野千鶴子を招くことを見送った事例がある。
  • 次へ »