上手投げで下し

8 の用例 (0.00 秒)
  • 千秋楽では、勝てば優勝決定戦進出となっていた稀勢の里を上手投げで下して優勝を阻止、楽日に存在感を見せた。
  • 若三藤はこの境澤に対して攻められたが上手投げで下し、マゲを引っ張ったのではないかと物言いがついたが結局軍配通りで若三藤の勝ちとなり、若三藤が結局境澤の連勝をストップした形となった。
  • 注目の一番は白鵬が朝青龍を得意技の左上手投げで下し、14勝1敗で3場所連続6度目の優勝を決めた。
  • 千秋楽も把瑠都を上手投げで下して全勝優勝を果たし、連勝記録を47に伸ばした。
  • 翌11日目の琴欧洲戦も上手投げで下して、横綱勝利数が467勝目に達し輪島を超える歴代4位の記録となった。
  • 白鵬が勝てば白鵬の優勝が決まる大事な一番で琴欧洲に上手投げで下し14日目で白鵬の2場所連続8回目の優勝が決まった。
  • すぐさま幕内上位に定着し同年11月場所3日目には初日から2連敗だった角番の大関武双山を右上手投げで下し、引退に追い込んだ。
  • 更に翌日の千秋楽で朝青龍を左上手投げで下し、2005年に朝青龍が記録した年間最多勝記録84を2勝更新する86勝4敗の新記録を打ち立て、4度目の全勝優勝、九州場所3連覇で2009年を締めくくった。