上手に着こなし

8 の用例 (0.00 秒)
  • しかも、それを新調のばりっとしたようでも着古したようでもなく上手に着こなしていた。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 黒いスーツを上手に着こなした内藤は、そんな村田の姿を浮かない顔で眺めていた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 茶色のスーツを上手に着こなし、光る靴を履き、小さな手に本を一冊持っていた。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • 化粧はいつも丁寧で、着るものもそんなに目立つわけではないのだが、質の良いものを上手に着こなしている。 海月ルイ『十四番目の月』より引用
  • 流行はやりの服を上手に着こなしていた。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • 若いフランクは、バロン・タガログを上手に着こなし、首にサンパギータの花輪をかけていて、なかなかの美男子にうつっている。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 太腿ふとももの輪郭をくっきりと見せている濃紺のスラックス、白地に卵色の水玉のブラウスを上手に着こなし、背筋はしゃんと伸びきっている。 安部公房『密会』より引用
  • 振向くと、南弓子で、ローズいろのブラウス、白いストライプのはいつた紺のスーツを上手に着こなしてゐる。 丸谷才一『女ざかり』より引用