上手に描ける

10 の用例 (0.00 秒)
  • そしてクラスに必ずひとり、妙に鉄人28号を上手に描ける奴がいました。 高田文夫『正しい団塊の世代白書』より引用
  • 上手に描けないのは、もはや具体的なリンゴを見る目が失われているからである。 養老孟司『無思想の発見』より引用
  • 忍者だから器用で上手に描けるんだけど、その人が描いていたみたいにはならない。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 絵が上手にけても独創を独創をと行かなければならないから、画家の苦心がそこにある。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 3 20070907』より引用
  • それはジョン・ナイトリー氏のとき同様、全身像の水彩画になるはずで、自分でも上手に描けたと思えば、暖炉の上の名誉ある場所にかけられることに決まった。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(上)』より引用
  • なかなか上手に描けなくて「これだ」という絵を渡せたのは、スケッチブックの最後の一枚だった。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • 子供でももっと上手に描けるぜ! 眉村卓『不定期エスパー5』より引用
  • あたしはもう描けないけれど、お前は上手に描ける。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • あまりにも安易で、かつ直截ちよくせつ的な発想だとは思うが、しかしもしも上手に描けるのなら、それがもっともわかりやすい「女」の意味になることはうたがいない。 阿辻哲次『漢字のなりたち物語』より引用
  • それでも上手に描けない。 養老孟司『無思想の発見』より引用