上手に利用

32 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らは池をのぞいたり、花をながめたりしては時間を上手に利用した。 ソロー/神原栄一訳『森の生活』より引用
  • 窓枠と壁の出っ張りを上手に利用すれば、はりのあるところまで登れそうだ。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • が、福岡空港はその点上手に利用されている空港といえるだろう。 谷川一巳『世界の「空港」物語』より引用
  • 上手に利用するには、痛みが出始めたら早めに服用するようにすることである。
  • これを最も先鋭化させ、上手に利用したゲームがドルアーガの塔といわれている。
  • 農業や工業の領域においては、放射線の性質を上手に利用した様々な技術や製品などがある。
  • むこうが、こちらの出した結果を上手じようずに利用するのは、これはどうしようもない。 小松左京『ゴルディアスの結び目』より引用
  • それを俺は上手に利用し、あるが上にもなおめた。 国枝史郎『名人地獄』より引用
  • 銀座の街は、いくら上手に利用したところで、所詮しよせんミニチュアだった。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • 家計簿を上手に利用すれば、無駄な出費を抑え、計画的に生活することができる。
  • 古代中国人は枯れ草やワラを廃棄物とせず、ちゃんと上手に利用していたのである。 阿辻哲次『漢字のなりたち物語』より引用
  • また事実においても、もしお角がああしてお銀様を保護し、それを上手に利用することを知っていたなら、あの女は、きっと何か茶々を入れるくらいのことをやったのにちがいないのであります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • この長巻を最も上手に利用したのは、戦国時代末期における北九州の名将立花道雪めいしようたちばなどうせつである。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • また冶金学は金属の扱いにおいて硬化処理やアマルガムを含む合金による性質の変化を上手に利用することも行われた。
  • 貞能が家康と通じているという確証はなかったが、穴山信君まで、上手に利用した深い策謀と信豊は見ていた。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 前向きな感情の中には、上手に利用すれば人生の幅を広げてくれるものもあるが、だからといって感情に振り回されるべきではない。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • 偶像の理論っていうのは、神様や天使の力を上手に利用するための基盤となる知識なの。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』より引用
  • 小さなロボットたちは、遮蔽物しゃへいぶつと薄闇を上手に利用していた。 R・エイヴァリー『タンタロスの輪』より引用
  • 青木は、そんな十津川を、上手に利用しようと、提案した。 西村京太郎『EF63形機関車の証言』より引用
  • 一卵性と見てとれる二人は成人男性でも音をあげる土嚢を、決して軽々ではなかったが身体全体の力を上手に利用しつつ保持し、歩幅の広い男たちに決して劣らないスピードで、俺たちとは比較にならない軽快さで歩いていたのだからたいしたものだった。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • 次へ »