上手にやってのけ

10 の用例 (0.00 秒)
  • おれはそんな真似はできないからするつもりはないが、王様はそうとう上手にやってのけた。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • 動物は大きらいだが自分の都合とは見せないで勝手を通したがる女性として、ミセス・ストルドウォーデンはなかなか上手にやってのけたものだ。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅡ』より引用
  • 私はいちばん陽気な人物の一つとして弁護士の服装を借りたが、自分の勤める役をどうしたら上手じょうずにやってのけられるかと考えて、一晩じゅうほとんど一睡もできなかった。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • わたしは前よりも上手にやってのけました。 サド/大場正史訳『ソドムの百二十日』より引用
  • 墓掘りが料理番に廻って、しかもすばらしく上手にやってのけた。 サンド/宮崎嶺雄訳『魔の沼』より引用
  • その幸二は幼稚園の卒業式には代表でお話をし、父兄や先生もびっくりするほど上手にやってのけ、ハナも鼻が高かった。 青島幸男『人間万事塞翁が丙午』より引用
  • 「困ります、伯爵さま、高さ八十尺の木をり倒して、角材にしたり板にするといったことでしたら、上手にやってのけられる自信はありますが、馬のほうは、これまでに六回と乗ったことがないのでございます」 「じゃ、こんどで七回目といきましょう」と、ノルベールが答えた。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • ところが、両目を失っても、りっぱな働き手になり、垣根作りや刈り入れから、生け垣の手入れ、家畜の世話、馬車のさばき方まで、誰にも負けぬほど上手にやってのけた。 ハドスン/水嶋正路訳『ある羊飼いの一生』より引用
  • ときに沖縄在住の名士たちを、那覇市内の料亭に招待しての懇親の宴がひらかれたりすると、参謀長は豪快に盃を重ね、興がいたると得意の浄瑠璃じようるりから浪曲に端唄はうたとつぎつぎに披露、はては立ち上って手踊りまで上手にやってのけた。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 私も案外上手にやってのけた。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用