上手とか下手

5 の用例 (0.00 秒)
  • 対手を強いとか弱いとか、上手とか下手とか思うたのは、まだまだ至らぬ己れの思慮の所産である。 南條範夫『山岡鉄舟(三)』より引用
  • 上手とか下手とか、批評する余地などはない。 宮本百合子『我に叛く』より引用
  • エッ、こんなことに上手とか下手とかあるの? 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 入口近くの壁にワラバン紙がセロテープで何枚も貼られており、そこには上手とか下手とかなどいえない筆字で「バカ犬にザンパンを与えて下さい」、「バカ犬ヲ忘レナイデ」などと書かれてある。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 上手とか下手とかいうのと違う。 宮本百合子『プロレタリア文学における国際的主題について』より引用