上手です

110 の用例 (0.01 秒)
  • あの子は友香ちゃんのようなタイプの女の子の扱いが上手ですからね。 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』より引用
  • 実際山を歩くことなどは私よりも慶次郎の方がずうっとなれていて上手でした。 宮沢賢治『谷』より引用
  • 実際山を歩くことなどは私よりも慶次郎の方がずうっとなれてゐて上手でした。 宮沢賢治『谷』より引用
  • 日本人からよく『日本語がお上手ですね』と中国人だと思われる事がある。
  • この先生は日本に長く住んだことがあり、日本語もお上手です。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • あの人は何でも屋で、見栄みえぼうで、そりゃ人の気をくのが上手でした。 福永武彦『風土』より引用
  • 殊に山坂を歩き慣れて居るから、木の根方に足を掛けて歩く事は上手です。 鈴木行三『敵討札所の霊験』より引用
  • その患者は物を作るのが好きで、それにとても上手でした。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • あの女は歌手で、わたしからいうのも何だが、とても上手です。 ダイン/井内雄四郎訳『ベンスン殺人事件』より引用
  • 雪子は人形石をさがすのが上手でしたが、彼女のようにうまくは行きませんでした。 荒俣宏『帝都物語2』より引用
  • お上手ですねって言われると、手が強張ってしまいます。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • また、ほかの場合ばあいには、わたしの方がその人よりも上手じょうずでした。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • それというのは、はかりごとや手管にかけては、女のほうがいつも男よりも上手うわてでしたからね。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • あなたは刀を使うことはお上手ですけれども、この短い針の折れ一本を、どうすることもできますまい。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 奥さんは、料理が上手でしてね、鍋ものなんか、美味しかったですなあ。 梶山季之『現代悪女伝・欲望の罠』より引用
  • それでしたら予審判事さんのほうが商売がらずっとお上手でしょう。 カフカ/飯吉光夫訳『審判』より引用
  • 老人は詩を作ることが大へん上手でした。 牧野信一『首相の思出』より引用
  • 大屋敷の父親は、小さな娘と話すのが上手でした。 バーネット・フランシス・ホジソン・エリザ『小公女』より引用
  • ここの若い公女は選帝侯妃に比べると子供ですが、編み物が大変上手です。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • やっとその姿を見つけ出すと、面白かった、妹さん上手ですね、と言った。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • 次へ »

上手です の使われ方