上手い

全て 形容詞
849 の用例 (0.02 秒)
  • 母だとて息子のことを理解し、上手くやりたいと思っているはずなのだ。 畠中恵『百万の手』より引用
  • 寝太郎君は、吉田さんと上手うまくやっていく方法を考えるべきじゃないの? 岩本隆雄『星虫』より引用
  • しかし、何度訓練してもなかなか上手く描くことは出来なかったという。
  • ピアノを使って作曲を試みたものの、上手くいかなかったと語っている。
  • だけどそれでもそれは頭で上手いと理解できる範疇はんちゅうだったはずなんだが。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第11巻』より引用
  • この十六家が上手うまくバランスを取り、国を支えていた時代もあったとか。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • センター返しや逆方向への流し打ちが上手く、器用な一面ももっていた。
  • 上手く利用された気がするが、そう思っていれば僕としても気が楽だった。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • けどまあ、こうして本が完成しているのだから、上手うまくいったのだろう。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • このまま上手うまくいけばというのが、今のところの由紀子の最大の願いだ。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • それがどれくらい上手くできるかが大人である尺度だと、真九郎は思う。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • それから彼としては初めてにやっと笑いらしい笑いを上手うまく顔に浮かべた。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • 固い表情をしているところを見ると、捜査は上手く行っていないらしい。 西村京太郎『怖ろしい夜』より引用
  • 今まで引きずっていた、言葉に上手くできないものが急速に消えました。 川上稔『『SATIE日誌』 [小説] [都市シリーズ] web作品』より引用
  • 僕が死んだら、マユが次のみーくんを上手うまく見つけられるとは限らない。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用
  • 皆と上手くやってゆければそれでいい、そんなふうに思っているのかな。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • 頭を打たなくて幸いだったけれど、腰を打ったせいで足が上手く動かない。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • なぜなのかわからないが、さっきから擬態が上手うまくいってないみたいだ。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 同じ機体に乗るのだから仲たがいしていては上手うまくいかないと思っていた。 広崎悠意『高機動幻想ガンパレード・マーチ』より引用
  • 自分はまだ三流だけれど、たまにはこんなふうに上手くいくこともある。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • 次へ »