上り

全て 名詞 動詞
16,887 の例文 (0.02 秒)
  • そこへちょうど上りが来たものだからそれに乗ってここへ来てしまったの。 ...
  • 男は著名な会社に務めて地位も上り、今も独身でゐるといふ噂であつた。 ...
  • そこを上りきったところまで行くと軒毎に青簾あおすだれを掛けた本町の角へ出る。 ...
  • 一巻は既に出来上りましたし、二巻を印刷して殆ど出来上っております。 ...
  • もう二十間も行けば向うへ指して上り得られるような所に流されて来た。 ...
  • そのとき山上より望むと、無数の火光が谷間より上りくるを見るそうだ。 ...
  • でも、わたくしは食堂にいたのですが、すぐに階段を駆け上りました。 ...
  • この思い上りはしかし、一定の社会的な需要に基づいたものであったのである。 ...
  • その頃、青い血を駆逐する社会上の敵は黄色の血の流れる成上り者パルヴニウだつた。 ...
  • 橋を渡って島へ上り花木の間に設けられてあるちんの方へ静かに歩いて行った。 ...
  • 今日の午後、私が外出したあとで誰かが二階の書斎へ上りはしなかったか。 ...
  • 即ち一方の水銀柱は十粍下り一方の開いた方の水銀柱は十粍上りました。 ...
  • その一筋を渡って一町ばかりの坂を上りますと大変広い原がある。 ...
  • 全くないともいえませぬが、まず普通は芸者上りの奥さんのような者が多い。 ...
  • 無断で上りこんだのがいけないのか、布団を敷いたのが、いけないのか。 ...
  • 叢と石原とが、次第上りの野に續いてゐて、末は、高い山になつてゐた。 ...
  • 茶屋から間もなく道は上りとなって、高い絶壁の上や横を通るようになる。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:上り