上に覆い

203 の用例 (0.00 秒)
  • と、言ったきり、少女は、犬の上におおいかぶさるようにたおれてしまった。 赤川次郎『天使よ盗むなかれ』より引用
  • 女はそう言って、自分の上に覆い被さった俺の身体を強引に振り払った。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • 若いイタリア人は自分の皿の上に覆いかぶさるように身を屈めている。 カヴァン『『アサイラム・ピース』より6編』より引用
  • 頭の上に覆いかぶさるような人の気配を感じて私は話をやめた。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • それは、死んだ息子の上に覆いかぶさる母親のような激しさだったわ。 アレティーノ/結城豊太訳『ラジオナメンティ』より引用
  • 暴動が雷雲のように私たちの上に覆いかかっていることは明かだった。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • 相手の女性の身体の上に覆い被さり、そしてゆっくりと体重をかけてゆく。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 続いて床屋のおやじはそのレザーを手に、ぼくの頭の上に覆いかぶさる。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • 母が父の上に覆いかぶさって診察のためにはだけた胸に耳をあてた。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • 黄金の冠帽から波打って垂れているレースはその上に覆いかぶさっていた。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • その顔はしばらく意味ありげに彼の上に覆い被さっていた。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • 秀一は、自分の上に覆い被さったままの拓也の体を、静かに押しのけた。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • わけも分からず、倒れたいけの上におおかぶさった悠二の背を、爆風がたたいた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第01巻』より引用
  • 男はカナの上に覆いかぶさりながら、ブラウスの三番目のボタンを外す。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 無数の死者の霊に包まれて、文也が莎代里の上に覆い被さっていた。 板東眞砂子『死国』より引用
  • エルウィングの言葉の上に覆い被さるように、アンブローシアは言った。 高殿円『銃姫 01 Gun Princess The Majesty』より引用
  • 墨染の袖を、うき世の民の上に覆いかけるの意、法の庇護の下に包むこと。 久保田正文『百人一首の世界』より引用
  • 山は私たちの位置から見ると、まさに別荘の上に覆いかぶさっているように見えた。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 地面に倒れた万里の上におおいかぶさるようにして、そして、香子は泣いた。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 02巻 答えはYES』より引用
  • そしてすぐに二人は千夏の上に覆いかぶさる鉄骨を退けようと必死になった。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 1』より引用
  • 次へ »

上に覆い の使われ方