三浦大輔

48 の用例 (0.00 秒)
  • また、この試合を含め横浜のエース三浦大輔と互角の投げ合いを多く演じた。
  • なお、4月21日のDeNA戦で、三浦大輔からプロ初本塁打を放っている。
  • この作品の大ファンであるプロ野球選手も多く、三浦大輔や稲葉篤紀などが公言している。
  • 三浦大輔や藤川球児など特徴的な2段モーションを見る事が出来る最新かつ最後のプロ野球ゲームでもある。
  • 入団後、中畑清監督や三浦大輔投手などから、声がハスキーすぎて何を言ってるのかわからないとからかわれた。
  • 前日の対横浜ベイスターズ戦で三浦大輔から死球を受けて負傷したためと思われていたが、負傷ではなく、5月21日にドーピング検査の再検査で陽性反応が再び出たことを受けての抹消だったことが明らかになった。
  • 同年オフの契約更改では成績の低迷に加えて横浜ベイスターズからFA宣言していた三浦大輔の獲得をチームが目指していたことを理由に、背番号が17に変更となった。
  • 翌10月8日の対横浜ベイスターズ戦でも、三浦大輔から2試合連続となる本塁打を記録した。
  • 出身者に横浜DeNAベイスターズの三浦大輔選手がいる。
  • また、エース三浦大輔の不調もあって横浜投手陣の柱として活躍し、2年ぶりの二桁勝利である10勝を挙げる。
  • 「徳光&所の世界記録工場」では、三浦大輔投手、上野由岐子投手からヒットを打っている。
  • オフにはチームがFA宣言した三浦大輔の獲得に動いていたため、翌年の契約は戦力補強の結果と真弓明信新監督の意向次第となっていたが、先発投手としては長いイニングを投げられないことから戦力構想外となり、12月2日に自由契約公示された。
  • ゴンザレスも期待通りにオープン戦で好調を維持し続けたため、3月30日の対横浜ベイスターズ戦に出場すると、三浦大輔から左中間へ決勝本塁打を放った。
  • 但しこの試合は降雨コールドで、9回を投げきっての球団初完封勝利は翌日4月12日に三浦大輔が挙げている。
  • 捕手としては攻守ともに総合力が高く、横浜時代に長年バッテリーを組んできたエースの三浦大輔からは「当たり前のことがすべて当たり前にできる捕手」と評されていた。
  • その後工藤公康に右投げと判断され、右投げの三浦大輔に投球方法を指導されたが、本番では誤って左投げ用のグローブでマウンドに上がり、グローブを着けた右手を振り投げた。
  • また、横浜ベイスターズの三浦大輔を魔界18号に任命した。
  • キューバ国内リーグではさほど盗塁数は多くなく成功率も低かったが、アテネオリンピック前に行われた日本代表との壮行試合第2戦では、三浦大輔から四球を選んで出塁し次打者の初球に盗塁を決めてみせる活躍をした。
  • 同年5月3日の対横浜戦でも6回を無失点と好投し、更には横浜のエース三浦大輔から実に7年ぶりとなる先制の2ラン本塁打を放ち、この流れに乗って広島が勝利した。
  • 小学校6年生の時に、地元港南区で開催された三浦大輔のトークショーで三浦に直接花束を渡し、この時に「将来はプロでバッテリーを組みたい」と話した。
  • 次へ »