三津シーパラダイス

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 過去には日本の伊豆・三津シーパラダイスにおいて、飼育されていた実績がある。 ...
  • 三津海水浴場は、伊豆・三津シーパラダイスのそばにある小さな海水浴場。
  • 伊豆・三津シーパラダイスで飼育している主な生き物と、その展示場所は、以下の通り。 ...
  • 展示は伊豆三津シーパラダイスや新江ノ島水族館などの水産庁の許諾を得た一部の水族館、動物園で行われている。 ...
  • 日本では伊豆・三津シーパラダイスで1977年に、日本で初めてセイウチの飼育を開始したのをはじまりに、幾つかの施設で飼育され、また、1994年には、鴨川シーワールドがはじめて繁殖に成功している。
  • また、中吊り広告が、一日乗車券『旅助』や伊豆・三津シーパラダイスなどの、自社PR広告に変更されている。 ...
  • 海水浴客は沼津港から30分ほどで往来できる定期航路の利用も多く、三津浜航路を利用した近場の伊豆・三津シーパラダイスや淡島への観光、伊豆箱根バス利用で伊豆長岡駅への往来も容易である。 ...
  • また、2016年3月17日に静岡県沼津市伊豆・三津シーパラダイスでも捕獲・飼育されている。 ...
  • 伊豆・三津シーパラダイスは、西武グループの企業である伊豆箱根鉄道の運営のため、系列水族館のポスターを相互に掲示しており、年間パスポート所有者は横浜・八景島シーパラダイスと箱根園水族館で、入園などの割引を受けることが出来る。 ...
  • アニメーションPVでは、伊豆・三津シーパラダイスが舞台であり、マスコットキャラクターの「うちっちー」がゲスト出演している。 ...
  • 西武グループの伊豆箱根鉄道が運営する静岡県沼津市のレジャー施設「伊豆・三津シーパラダイス」には、施設入口の伊豆箱根バスの停留所の他に、小田急グループ傘下の東海バスが、同施設立体駐車場前の県道沿いに停留所を設置。 ...
  • 伊豆・三津シーパラダイスは、静岡県沼津市にある水族館。 ...
  • ロケ地としては、静岡県立三島北高等学校、千葉英和高等学校、源兵衛川、楽寿園、伊豆・三津シーパラダイス、三嶋大社、白滝公園などが登場した。 ...
  • 東海大学海洋科学博物館や沼津港深海水族館、あわしまマリパーク、伊豆三津シーパラダイス、葛西臨海水族園、新江ノ島水族館で数回の生体展示実績がある。 ...
  • トド、セイウチ、ゴマフアザラシ、ユーラシアカワウソなどの海獣、ウミガラスなどは鳥類は鴨川シーワールドと伊豆三津シーパラダイスへ、カワウソが上野動物園に、ウミガラスが葛西臨海水族園など。 ...