三段壁

25 の例文 (0.00 秒)
  • 同じ柱状節理でも、紀伊白浜の三段壁と違い、一本一本の柱が非常に細い。 ...
  • 魚の群れを見つけるための監視場があり、これが転じて三段壁と呼ばれる様になったという説が有力である。 ...
  • 位置的には三段壁に隣接し、白浜の観光地域の南端に位置する。 ...
  • また水面近くから聳える三段壁や十像岩を望むことができる。 ...
  • しかし、次の三段壁にまわったとき、また、あの男の姿を見かけた。 ...
  • また、タクシーを拾って、有名な千畳敷せんじようじきと、三段壁さんだんべきを見に行った。 ...
  • 三段壁・円月島と並んで、白浜町の景勝地として知られている。 ...
  • 三段壁は、千畳敷の近くで、高さ五十メートルの切り立った絶壁で、有名である。 ...
  • 三段壁では宝蔵院胤舜が十兵衛に討たれるのを知りながら、むなしく傍観した。 ...
  • 三段壁には、あまり人目のつかない茂みの中に、大きな岩に文字が刻まれた「口紅の碑」がある。 ...
  • 三段壁・円月島 と並び、白浜町の景勝地として知られている。 ...
  • 発足当初は卒業アルバムや結婚などの記念写真撮影を行なっていたが、のちに彦根城や和歌山県南部の三段壁や那智山などの名勝地を拠点とする営業所を設立していった。 ...
  • また紀州三段壁で、やはり同じ頭巾をつけた宝蔵院胤舜と十兵衛との死闘を見ている。 ...
  • 円月島および三段壁とともに「円月島・千畳敷・三段壁」の名称で国の名勝に指定されている。 ...
  • 三段壁や東尋坊のような豪快な断崖ではないが、キメこまかく、顔を近づけて撫でてみたくなるような美しさだ。 ...
  • 三段壁熊野古道スーパーエクスプレスが、新宮市の新宮駅まで運行している。 ...
  • 三段壁は和歌山県西牟婁郡白浜町三段にある自然景勝地。 ...
  • 次へ