三昧

全て 名詞
990 の例文 (0.00 秒)
  • 源氏の弟・八の宮は二人の娘とともに宇治に隠棲し、仏道三昧の生活を送る。 ...
  • おれもかなりしたい三昧ざんまいはしたが、まだ檻へブチ込まれた経験はない。 ...
  • 俺の忠告に従つて文学三昧も好い加減に止めにして政治運動をやつて見い。 ...
  • 三昧さんまいに入りながら、黙然として幾時かそのままじっと坐っていた。 ...
  • 瞑想への直接的な手段作法、三昧に至る手段として、とが説明されている。 ...
  • じゃによって予が眼からは恋慕三昧れんぼざんまいに日を送った業平なりひらこそ、天晴あっぱれ知識じゃ。 ...
  • 引っくるめて言えば、わたしにおいては芸術三昧即信仰三昧なんであろう。 ...
  • どうやら、午後は選りすぐってきた論文で、勉強三昧ざんまいのつもりらしい。
  • 彼は家に籠って画筆三昧の生活を送っている、というのであった。 ...
  • それはまれに南仏その他への旅行で中断される創作三昧ざんまいの日々だった。 ...
  • 情の赴くまゝにまかせてしたい三昧のことをしてゐる人だちもある。 ...
  • 月曜、水曜、金曜の週三回、彼女は三昧線の稽古に行っているのである。 ...
  • 彼がふと寺の縁に立つと、あの富士と自分と融け合う三昧が現前したのである。 ...
  • 若い娘なんか味もそっけもないものに思えて、道楽三昧ざんまいふけっていたものさ。 ...
  • 勿論雪担さんも自室に閉じ込もってマンガ三昧にふけっているのだろう。 ...
  • このころから、喧嘩三昧の生活を送るようになり、愚連隊の世界に入っていった。 ...
  • 内容としては印相や調気法などを重視し、超自然力や三昧を追求する傾向もある。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:三昧