三昧線

6 の例文 (0.00 秒)
  • 月曜、水曜、金曜の週三回、彼女は三昧線の稽古に行っているのである。 ...
  • 母は、三昧線の稽占からまだ帰っていなかった。 ...
  • 最近では、昔やっていた三昧線の稽古けいこにまた通い始めるなど、ようやく彼女も新しい土地での生活に慣れてきたようだが、依然として近所には親しい人間がいない。 ...
  • 三昧線の稽古から帰ってきたらしい。 ...
  • 津軽三昧線と、小太鼓を伴奏にして唄われるこの唄は、一見、ひどく賑やかなのだが、亀井は、この唄を聞くと、なぜか、冬の荒涼とした津軽の海を思い出してしまうのだ。 ...