三昧発得

4 の例文 (0.00 秒)
  • 法然が三昧発得の後は暗夜にともし火がなくても眼から光を放って聖教を開いて読んだり室の内外を見たりした。 ...
  • 生年六十六歳、建久九年正月七日別時念仏べちじねんぶつの間には特に様々の異相奇瑞が現われたということが、自筆の「三昧発得記さんまいほっとくき」というものに見えているということである。 ...
  • さらに39時間の三昧発得により、阿弥陀仏の浄土を感見。 ...
  • 刺史朝直朝臣はその教えを聴いて真実の信念を起し、毎日六万遍の念仏を誓ったという、この律師、道心純熟し、練行積って三昧発得さんまいほっとくの境に達した。 ...