三昧橋

3 の例文 (0.00 秒)
  • 夜火か失火か、早川と須雲川が合流する湯本の三昧橋が、突然、燃え出したのである。 ...
  • あっ、という間に、三昧橋をはさんで居竝ぶ旅籠はたごがぜんぶ、九軒全焼してしまった。 ...
  • 翌二十三日、家光が、海辺の松田屋敷に臨んで、海婦あまあわび取りを見て、興に入っている頃、伊豆守は、急遽仮の三昧橋を架けるとともに、五万人を指揮して、箱根路を、湯本から三島まで、くまなく、探索させていた。