三昧堂

全て 名詞
48 の例文 (0.01 秒)
  • 不断の三昧さんまい堂などもけっこうな設計でお作らせになったと申すことを聞きました。 ...
  • そのころ泰文は東山の八坂の中腹に三昧堂のようなものを建てた。 ...
  • 終了予定の2日前に礎石1点が発掘されたことをきっかけに、三昧堂跡が発見された。 ...
  • ニッサン本社へ寄り、借りる車のこと相談して、それから三昧堂へ寄り、座へ出る。 ...
  • 周辺は住宅街で、周辺には御岳田遺跡、三昧堂遺跡、末法遺跡などの遺跡が分布している。 ...
  • 東大寺三昧堂旧本尊の千手観音像は、昔高林寺本尊であったという。 ...
  • 意地悪な先輩に仕込まれることなどは全く気にならず、暇さえあれば内外の映画を見てまわり、銀座の三昧堂で新刊書を買い漁った。 ...
  • 三昧堂がひとしきり世辞をのべたてて、手前褒めをして、間もなく帰ってしまうと、師匠はこう言われた。
  • 昭和44年2月8日には、本部を館山市に移転し、三昧堂を建設。 ...
  • 雨の中銀座へ廻り、三昧堂で新刊を探す、いゝ本がなくて困る。 ...
  • 以後毎年、銀座三昧堂、菊屋画廊で個展を開催しながら画業への情熱に生きた。
  • はじめてルオーの実物を見たのは、戦前、銀座にあった三昧さんまい堂という本屋の二階のギャラリーで、その赤い裸婦の圧倒的な印象に、私たちは呆然としてしまった。 ...
  • 三昧堂へ行き、二三冊求め、日暮里の高橋へ寄り、女房をロードスターに乗せて帰宅。 ...
  • しばらくして、息を吹きかえして、そっとほそ目をあけてあたりをうかがえば、家と見たのはもとの荒野の三昧堂さんまいどうにて、ただ黒い仏が立っていた。
  • 焼け残った銀座八丁目に三昧堂という本屋があり、書棚はからっぽなのに店頭には行列ができていた。 ...
  • 三直で天ぷら食ひ、ビーコンでコーヒー飲み、三昧堂で新刊を求めて座へ。 ...
  • 銀座まで送って出て三昧堂にてゲーテの「年代記録」という自伝風の手記と、鈴木大拙の「無心といふこと」という仏教の解説とを買う。 ...
  • 次へ